メルギブソン監督【ハクソー・リッジ】レビュー

こんにちは、哲也です。

 

つい先ほど、メルギブソン監督の最新作の映画【ハクソー・リッジ】を映画館で見てきました。

 

メルギブソンといえば、マッドマックス1~3シリーズの主演を務めた俳優ですね。

 

好きな俳優が監督をしているという理由で今作を見たのですが、、

予想以上に面白かったし、凄く学ぶことも多かったです。

どんな内容なの?

この映画の舞台は第二次世界大戦中の沖縄戦です。

 

主人公 は、決して武器を持とうとせず、周囲の人間からは臆病者と称されてしまう。

そんな彼は、武器を持つことなく、衛生兵として戦場に立つことを許されました。

その戦場で彼は負傷した人たちを助けていく、、、

 

この映画は、主人公の信仰心や揺るぎない信念を描いています。

特に印象に残ったのが次のセリフ。

信念を曲げてしまったら僕は生きていけない

まさに主人公の生きざまを表しているセリフだと思いました。

【ハクソ―・リッジ】がどんな内容か気になる人へ ※ネタバレなし

とりあえず、ネタバレ無しに、この映画を見る上で気になるであろう点について書いていきますね。

 

本映画は実在した人物が実際に起こした実話が映画になっています。

映画をみる直前までは実話だと知らずにいたので、かなり驚きました。

 

この映画はいわゆる太平洋戦争の沖縄戦を描いているということで、反日描写があると思う人もいるかと思います。

が、実際に見た感想としては、反日要素はあまりなく、あくまでも一人の男の生きざまを描くのに集中していました。

 

日本軍、米軍、そのどちらかが悪者であり、どちらかが正義だという描写ではなくて、

戦争の悲惨さ、無益さなどを上手く描けているように感じます。

 

ただ、戦争をリアルに描いているということで、やはりグロテスクなシーンも多く、

そいうった描写が苦手な人は、あまり見ないほうがいいかもしれません。

 

映画は、前半が主人公の生い立ちや人間性を描くために使われ、

後半は戦場でのシーンが描かれています。

 

特に後半の戦場でのシーンは圧巻で、今まで見た映画の中でもトップクラスに緊張感を感じるものでした。

 

今年見た映画の中では、かなり上位に入るくらい映画に引き込まれましたね。

この映画が気になっている人は、見て損はないと思います^^

 

※以下多少のネタバレを含みます

この映画から何を学んだか

さて、ここからは僕が学んだことを書いていきます。

主人公を見ていて感じたのは、ゆるぎない信念を持つことの困難さ、そしてそれを貫き通す強さです。

 

主人公は軍隊に入った後、武器を決して持とうとはしませんでした。

 

その理由は、幼少期に実の兄を喧嘩で大怪我させてしまったこと、

アル中の父親が母親を殴るのを見て、それを止めたときに、父親に向けて銃を突きつけてしまったこと、

この2つの経験から、決して人を殺めず、傷つけない生き方をすると決意しました。

 

しかし、軍隊で武器を持たないというのは異質な存在であり、決して認められるものではなかった。

そのため、主人公は上官、同じ隊の人たちから迫害を受けることになるが、それでも彼は自分の信念を曲げなかった。

信念を貫き通す難しさ

自分の信念、考えを貫き通すことは難しい。

誰か一人に否定されただけでも、自分の考えに疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

ましては、周囲の人間すべてに否定されようと決して自分の信念を曲げないことは、

常人にはなかなか難しいものであると思います。

 

ほとんどの人は、周囲の人間の意見に従い、考えに従っています。

自分で判断をしているように見えて、実は周りに合わせているだけの場合がどれほど多いことか。

クラレッタのスカートを直してくるよ

この言葉は、伊坂幸太郎の作品【魔王】で出てくるセリフです。

 

イタリアの独裁者であるムッソリーニとその恋人クラレッタは、殺された後、広場に逆さに吊るされることになった。

その時、クラレッタのスカートが捲れた姿をみた群衆は、大いに喜んだという。

しかし、その中で、ある一人の人物がクラレッタのスカートをベルトで縛った。

彼女の下着が見えないように配慮して。

 

このクラレッタのスカートの話は実話なのですが、要は

『周囲が間違った行動をしていても、自分だけは正しい行動をしよう』

という決意を込めて作中の人物が語ったものです。

 

スカートを直した人物は、独裁者の無残な最期をみて、その姿を嘲笑し、怒りを鎮めている群衆を前に、

自分が殺される危険性も顧みず、自分が正しいと思った行動をした。

 

ハクソ―・リッジの主人公は、自分がどれだけ周囲から迫害を受けようと、戦場で死ぬ危険性があったときでも、

自分の信念を曲げず、決して武器を取らず、ただひたすらに命を救うことに専念した。

 

クラレッタのスカートを直した人物、そしてハクソ―・リッジの主人公のように、

自分の考えを貫き通せるような生き方をしたいと、そう考えさせられました。

 

PS.

やはり映画は色々なことを学ばせてくれます。

 

ビジネス書だけでなく、映画、小説、漫画、その他どんなことからも役に立つことを学べると思います。

 

視野を広くして生きていきたいですね。