今後AIは僕たちの生活にどのような変化をもたらすのか?【2045年問題】書評

こんにちは、哲也です。

 

2045年問題、シンギュラリティなど、これらの言葉を全く聞いたことがない人も多いかと思います。

AIについては、最近テクノロジー関連のニュースでよく話題になっていますが、AIとは人工知能のことです。

 

今後コンピューターの性能がムーアの法則に沿ってどんどん向上していくことで、人間の知能をコンピューターが超える日がくる。(ムーアの法則をざっくりと説明すると、コンピューターの性能が1~2年で倍々になっていくだろうという予測です)

人工知能が発達し、人間の知能を超えることが2045年付近で起こり、それがくることをシンギュラリティ(技術的特異点)と言います。

 

SFチックに聞こえるかもしれませんが、今後AIの存在は現実的なものになっていくでしょうし、性能は日々進化しています。(appleのsiriとか)

で、今回読んだ『2045年問題/松田卓也著』では、AIが今後僕たちの生活にどのような変化をもたらしていくのか、というテーマでいくつかの推察がされています。

AIが人間を超えるとき訪れるのはユートピアかディストピアか?

AIが人間の知能を超えたときに、人間にとって世界がユートピア(楽園)になるか、それともディストピア(地獄)になるか、色々諸説があります。

映画でも、AIなどの問題をテーマにしたものがありますよね。

ユートピア的な世界観だと『インターステラ―』とか。

ディストピア的な世界観だと『ターミネーター』『マトリックス』とか。

 

で、そのどちらかになるかは、実際に人工知能が人間の知能を超えるまでは分かりません。まあ、今はその問題はとりあえず保留にして。

目下の問題としては、AIなどのテクノロジーが発展することで、特に経済活動についてはディストピア的な世界へと移行していくだろうということです。

テクノロジーがもたらすディストピア

なぜテクノロジーがディストピアをもたらすかというと、技術的失業が起きるからです。

技術的失業とは、労働者の仕事をロボットやAIが奪っていくということ。

 

最近はこの流れが顕著ですよね。

飲食店では券売機を使って清算作業をする従業員をカットし、運送業でも自動運転が一般化していけば、いずれ無くなっていきます。

つまり、単純作業はどんどんテクノロジーが補っていきます。

 

であれば、人の仕事はどのようになっていくと思いますか?

トップ型とボトム型の仕事へ

これからの仕事は、トップ型とボトム型に分かれていきます。

 

トップ型とは、マネジメントを行う経営者やITの研究者など。

ボトム型とは、まだ機械化できていない作業、例えば家の掃除だとか、サービス業とか。

で、トップとボトムの差はこれからどんどん広がっていきます。

 

今の日本の雇用を見ていたら何となく想像できるかもしれません。

最近では都心や地方都市などでは、外国人のアルバイトは珍しくありません。

何故かというと、アルバイトの作業は誰にでもこなせるからです。日本語があまりうまくなくても、なんとかなる仕事だからです。

つまり、(今現在機械化できていなくて)誰にでもできる仕事は、安い賃金で買いたたかれていくでしょう。

 

逆にトップ層はどうなるでしょうか?

人の代わりに機械やAIが作業をこなし、機械やAIにできないことを安い労働力を使うので、コストカットが進んでいきます。

コストカットが進み、生産性も上がれば、どんどん儲かる。

 

このように貧富の差は今後どんどん広がっていきます。

それでは、僕たちはこれからの時代どのように生きていけばいいのでしょうか?

頭を鍛えてAIにない武器を得よ

これからの時代は、AIや機械が仕事を奪っていくのですが、それでもまだまだAIや機械が人間の代わりを務められない仕事が存在しますよね。

AIは人工知能と言われていますが、現段階では、まだまだ知能というには少々お粗末です。

 

今のコンピューターが人間よりも圧倒的に優れているのは計算力です。

パソコンに詳しくない人は知らないかもしれませんが、コンピューターとは、その動作すべて計算で行っています。

つまり、まだ知的労働をするには技術や性能が足りていない状況です。

 

肉体労働は、その価値が年々下がっていくのが目に見えています。

であれば、今の段階で出来る最善策は、頭を鍛えること。知識を得て、それを活用する方法を学ぶことが最善策であると考えられます。

 

ドラッカーも言っていたことですが、これからの時代は、知的労働時代です。

そして、世の中で上手いこと生きていくためには、島田紳助が言っていたように、時代の流れに乗ることです。

時代に逆らってしまうと、将来怖いということですね。

 

だからこそ、本を読んだり、勉強したりして、知識労働へとシフトしていかなければいけません。

まとめ

AIが完璧に人間の代わりを務められる時代が来るのか、その先に人間の未来は明るいか、暗いか、まだ誰にも分りません。

ただ一つ言えることは、科学技術(特にIT)は考えられないような早さで進化していることです。

 

ほんの10年前まではガラケーが当たり前でした。今ではガラケーは(特に若者世代には)考えられくて、スマホが当たり前。

そうなると、これから10年後はスマホですら古いものになっているかもしれません。

 

技術はどんどん発達していき、人の仕事はどんどん減っていきます。

であるならば、時代の流れに乗っかって、頭を鍛えることが重要になることが、理解できるかと思います。

 

本読んで、勉強して、頭を鍛えていきましょー。