起業を友達と一緒にするか?それとも一人でやるべきか?

こんにちは、哲也です。

 

起業を目指すにあたって、よく聞くのが『仲のいい友人と起業を考えている』というものです。

これを聞いて、僕はお勧めできない、と感じています。

 

普通に考えてみたら、友達と苦楽を共にしたほうが、メンタル的にもいいような気がしますよね。

お互いに頑張ったほうが、単純に労力2倍ですし、嬉しさ倍増、悲しさ半分に思えます。

しかし、実際は嬉しさ半分、悲しさ倍増である事のほうが多いです。

 

この例とは正反対に、

僕の場合、完全に一人で起業を考えています。

何故かというと、そのほうが起業が成功しやすいと思っているからです。

 

なぜ僕が起業は一人ですべきだと感じているかというと、

友人と一緒に起業というのは現実的ではないと考えているからです。

友人と起業は現実的ではない?

僕が友人と起業をしたくないと思うのは、

単純に二人の人間で一緒に起業するメリットが見つからないからですね。

 

同じような経験、同じような能力の友人。

そういう友人と一緒に起業するメリットが果たしてあると思いますか?

 

僕はないと考えます。

その理由は、そもそもタイミングを合わせられないし、やる気にどうしても差が出てしまうからです。

 

一緒のタイミングで起業することなんて不可能です。

例えば友人があと1年後に起業しよう、と言ってきたら、あなたは1年待つのか、ということですよ。

嫌じゃないですか?

だって、人のタイミングに振り回されているうちに、時間だけがどんどん減っていくんですから。

 

もう一つ、やる気に差が出てしまうことも問題です。

一緒に起業しようぜ、と言ってきた人でも、実はそんなにやる気なかったりします。

 

また、意見の食い違いだってあるでしょう。

二人で方向性を決めたとしても、やっぱり変更が必要なるかもしれない。

そんな時に、方向性を決めるのにまた話し合いをして、お互いの意見をまとめて、、、

僕には時間を無駄にしているように思えてしまいます。

もし友人と起業するなら

もしあなたが友人、もしくは複数人で起業を考えているなら、

絶対に抑えておくべきポイントがあります。

 

それは、自分よりも(何かの分野で)能力がある人、であることです。

 

例えばGoogleの創業者の2人も、得意分野が異なりました。

しかし、だからこそ、上手くいったといえるでしょう。

 

自分と同じ分野の人で、同じ能力しか持っていない。

そんな人と組むメリットはないです。

先ほど書いたように、時間をいたずらに消費してしまうだけです。

 

だからこそ僕は、起業は一人ですべきだと考えています。

起業は一人ですべきである

起業を一人ですると、どんなメリットがあると思いますか?

 

僕自身が今現在感じているメリットはいくつかあるのですが、

一番のメリットは効率が圧倒的に良いことですね。

 

特に何の分野で起業するか決めていない場合は、なおさら一人のほうがいいと思います。

 

なぜ効率が良いかというと、目的を決めたら、それに向けてただ走るだけだからです。

イメージでいうと、一人で全力疾走している感じです。

これが二人だと、二人三脚で走らないといけないんですよ。

相手のペースに合わせて、歩調を合わせって、と。

 

どっちが目的まで早くたどり着けるか、分かりますよね。

一人で全力疾走しているほうです。

一人は孤独だが、能力を高めるには最適の環境

一人起業の唯一のデメリットを上げるとすれば、孤独なところでしょうか。

 

実際、この孤独はつらいです。

時々無性に不安に駆られたりします。

 

でも、そういうメンタル的な不安も、なれというか、解決することもできます。

それは本を読むことですね。

僕はメンタルが落ち気味な時は、よく自己啓発系の書籍を読むようにしています。

 

自己啓発系の書籍って、あんまりそればっかり読んでも意味がないです。

実際、書いてあることはほとんど一緒であることが多いです。

しかし、メンタルカバーという面では優秀であるといっていいでしょう。

なんだか根拠のない自信というか、やる気が出てきます(笑)

 

そして、孤独を耐えきった時、

自分の能力を高められる最高の環境を手に入れたといえます。

 

僕は現在、地元の友人など、親しい人が全くいない地域に引っ越して、一人で生活しています。

そのため孤独に感じることもあったのですが、今ではあまり感じなくなりました。

 

するとどうでしょう。

休みの日、友人と遊びに行くことがなくなりました。

職場での人付き合いも少ないので、飲みに行くこともほぼ無いです。

 

そうなると、平日の仕事終わり、そして休日はフルに時間を活用できるわけです。

遊びにも行かないし、人付き合いもない。

だからこそ、起業(目標)に向かって一直線に走り出すことができます。

 

そこには自分の行動を抑制するものはありません。

ただ目標に向かって全力疾走できます。

 

こうなると、もう、最強です(笑)

 

僕自身、今の孤独な環境で1年ほど生活していますが、

1年前と比べても圧倒的に知識や能力が向上していることを実感できます。

 

1年前はたいして本も読まなかったし、勉強も全然できていなかった。

しかし、今では本を読むことが習慣化しました。

 

ブログも1年前別ブログで書き始めたときは、数時間かかって500文字書くのが精いっぱいだった。

でも、今では2000文字だって苦も無く書くことができる。

 

孤独であったがために、起業に直結することしかやってこなかった。

だからこそ、1年前とは別人レベルになれています。

 

これが地元で、友達も周りにいて、実家で過ごして、としていたら、

たぶん週末は遊んでいたりして、ここまで集中できていなかったでしょう。

 

一人起業、孤独、これはマジで最強だと思っています。

結論:起業は一人でやろう!

と、色々と書いてきましたが、

『友人と起業したい』

という意見には僕は反対です。

 

起業するなら一人で起業したほうが絶対に成功確率上がります。

そう確信しています。

 

起業することは、僕の場合、自分のためにやっています。

友達作りや、遊びの延長でやっているわけじゃないです。

 

それであれば、一人で進めたほうが、メリット大きいと思いませんか?

 

だから僕は言います。

起業は絶対に一人で目指すべきだと。