【意外?】起業家になるためには人脈が必要、、、ないです!

こんにちは、哲也です。

 

起業に人脈が必要だと思っていませんか。

もしそう思っているのなら、その理由は何故でしょうか。

 

知恵を出してくれる?

なんかいいことありそう?

いざとなったら助けてくれそう?

そう思っているのなら、考えが甘いにもほどがあります。

 

しかし、楽したい人がいる一方で、真剣に悩んでいる人もいるかもしれません。

人脈がないと起業できないらしいけど、どうすればいいのか、と。

 

もし人脈がなくて思い悩んでいても、心配することはありません。

今の時代、人脈がなくても起業して成功することは難しいことではなくなってきました。

 

人脈がなぜできるのか、なぜ人脈がなくても成功できるのか、その辺について書いていきます。

なぜ人脈ができるのか?

人脈の必要性について書く前に、なぜ人脈ができるのかを知らない人がいます。

ですので、まずはそこから説明していきましょう。

 

人脈ができるのは、義理人情とか、仲間意識とか、そいういったもので出来ると思っていませんか?

残念ながら、そんな理想は叶うことはないでしょう。

なぜなら、人脈とはwin‐winの関係でしか成り立たないからです。

 

例えば、あなたが異業種交流会に行ったとして、そこには優秀な起業家が来ていたとしましょう。

あなたは、ぜひともその起業家と人脈を築きたい。

やっとの思いで起業家と話す機会がきて、こう言います。

『僕、起業を目指しています!』

起業家は言います。

『そうですか、頑張ってくださいね』

そこで会話は終わりです。

起業家はそそくさと別の場所へと行ってしまいました。

 

この時、なぜあなたは起業家から相手にもされなかったか分かりますか?

もしあなたがこの起業家と人脈を築けたとしたら、この関係はwin‐looseの関係

つまり、起業家に何のメリットもないわけです。

 

これが、もしあなたがプログラミングスキルに長けていて『俺に作れないプログラムはない』という状態だったら?

起業家もちょっと興味持ちますよね。メリットありそうじゃないですか。

むしろそこから新しいビジネスが始まることもあるかもしれません。

 

多くの人が人脈を築きたいと思っていますが、相手に提示できるメリットがありますか?

『お金はいりませんからそばで働かせてください!何でもします!』

こんな提案は論外です。

 

自分が起業家の立場ならどう思いますか?

知り合いでも何でもない人が、いきなり『教えてください!働かせてください!』とか言ってきたら。

凄くウザいですよね。

また、その人と知り合っても何のメリットもないのに、連絡先を交換したいと思いますかね?

僕は思いません。

だって、ただ時間を削り取られるだけなのは目に見えているわけですから。

 

人脈とはwin‐winの関係でしか成り立たない。

知らないのか、忘れているのか分かりませんが、現実はドラマやマンガのようにドラマチックではないです。

このことは覚えておいてください。

人脈が必要ない理由

人脈が必要ない理由は、今はネットがあるからですね。

パソコン1台で起業…(笑)

という怪しいネットビジネスマンを思い浮かべるかもしれませんが、そうではありません。

人脈がなくても成功できるのは、ネットが発達したことによって、お金を稼ぐことが簡単になったのではなく、価値を広げていくことが簡単になったからです。

 

例えば、昔は広告を出すのも大変だったと思います。

チラシを何十万枚も配って、その中でチラシに反応してくれるのはたったの数%程度で、売り上げにつながるのはさらに絞られて、、、

1回の広告を打つのに莫大なコストと、リスクが発生していました。

 

しかし、今はどうでしょう。

SNSで広告を出せます。普通に個人でも、Twitterやフェイスブックで広告を打つことができます。

また、GoogleやヤフーのPPC広告(クリック課金型広告)を出すことができます。これであればよりターゲットを絞った広告を出すことができます。

これらの広告は、参入する市場次第ではありますが、チラシをまくよりも圧倒的に低コストで反応を得ることができます。

ネットが発達しなければあり得なかったことです。

 

また、昔は会員誌を発行するのにも多くのお金が必要でした。

しかし、今では月数千円で数千人に対してメルマガを発行することが簡単にできます。

ネットには今までなかったサービスが、あなたが知らないだけでどんどん出てきています。

個人の情報発信が力をつけ始めるくらいに。(YouTuberとかそうですよね)

 

人脈が必要だと思っている人に聞きたいのですが、人脈を得て、一体何をしてもらいたいんでしょうか?

自分で学ぶことで、人に頼らずともネットで解決することができる事ではないのでしょうか?

ただ楽をしたいだけなんじゃないでしょうか?

 

人脈がなくても、事業を作り上げることはできます。

ネットの力を理解し、その活用の仕方を知れば、一人でもほとんどのことをすることは可能です。

これからは情報格差が広がっていく

さて、今の時代は情報革命の時代ですが、これから情弱と情強の差、情報格差はどんどん広がっていきます。

情報を知らない人は、豊かになることも出来ず、搾取されることもままあるでしょう。

 

情報弱者が生まれるのはなぜか?

それは情弱が学ばない人だからです。

 

ドラッカーは10年以上前に言っていました。

これからは知的労働の時代であると。

 

自分の周りの人を見渡してみてほしいのですが、学んでいる人がいるでしょうか。

今の自分をもっとより良くしていくために、向上心を持って何かに取り組んでいるでしょうか。

たぶん、ほとんどの人の周りには、スマホゲームに時間を費やし、テレビを惰性で見て、休日は家でだらだらしていただけ。

そんな人が多いのではないかと思います。

 

加速していく情報化社会に取り残されないようにする手段は、ただ一つです。

常に学び続けることだけです。

 

人脈を作ろうと無駄な努力や時間を費やすのではなく、自分の知識を蓄えたり、スキルを磨きましょう。

そのほうが、よっぽど将来への期待値は大きくなるでしょうね。