【必要?】起業するには社会人経験が何年なら最適なタイミングであるのか?

こんにちは、哲也です。

 

起業するためには社会人を数年は経験したほうがいい。

起業に社会人経験は必要ない。

ネットを見てみると、双方の意見が対立しているのを目にします。

 

特に大学生で起業を考えている人は、社会人経験が必要であるかどうかが気になっているのではないでしょうか?

一般的な意見としては、社会人を経験したほうがいいと言われているので。

 

僕自身の考えとしては起業するのに社会人経験は必要ではないと考えています。

 

当然、社会人で経験しておくと起業した時に役に立つこともあります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、結局は自分が好きな方でいいのでは?と思っています。

大学生などが社会人経験なしに起業するメリット

大学生などが在学中、もしくは卒業後すぐに起業する最大のメリットは、時間です。

勉強する時間、事業を考える時間、色々なことに挑戦する時間。

時間があるということは、起業までのスピードが圧倒的に違ってきます。

 

社会人であると、毎日起業に向けた勉強や作業をすることが難しい場合が多々あります。

業務が遅れて残業になったり、付き合いで飲み会に参加したりと。

こういったことが常日頃から発生して、なかなか集中して起業に向かって作業に取り組むことができません。

 

また、社会人経験をしてから起業すべきという意見の中には、学生で起業してしまうとビジネスマナーなどが身につかない、というものがあります。

が、僕はこの考え方は古臭い発言であると感じています。

ビジネスマナーが社会人でしか経験できないというのは、視野が狭すぎるといえるからです。

 

例えば、ビジネスマナーに関する講習やセミナーなどは、今のご時世いくらでも存在します。

また、ビジネスマナーなどに関する書籍も多く出版されています。

必ずしも会社で学ぶ必要性があるかというと、必要ないでしょう。

社会人を経験してから起業するメリット

社会人を経験することのメリットは、業界に詳しくなるなどありますが、一番役に立つのは人を使う経験をするということでしょう。

例えば、社会人として数年経つと部下を持ったり、何かの企画を進めたりするうえで、人に指示する立場を経験することになります。

これは学生ではなかなか経験できないことです。

 

人を使うことを覚えるということは、自分でやる必要がない作業を委任することを覚えるということでもあります。

起業家の中には、人に委任するという発想がなかなか出てこなくて、すべてを自分でこなしてしまおうという人がいます。

しかし、社長は自分にしかできない仕事しかしてはいけません。

そうしないと、真に自分の力量を発揮すべきビジネスモデルの構築であったり、マーケティングであったりといった作業に取り掛かれなくなるからです。

起業に社会人経験はそれほど役には立たない

僕自身の考えですと、起業するなら学生のうちが良いのではないかと感じています。

 

社会人経験があったほうが資金が調達しやすいとか、人脈を持つことができるとかいう人がいます。

しかし、ネットを活用すれば大金を集める必要はありません。

そもそも資金が必要な起業を考えなければいいだけですから。

資金が必要ない起業であれば、ネット起業など、いくらでもやり方はあります。

 

また、人脈が必要だと思っている人は多いですが、人脈は必要ありません。

人脈はお互いに価値提供しあえるような人同士でなければ成立しません。

 

そもそも、人脈に頼った起業をするのは、怖くないですかね?

その人がいなければ成り立たないビジネス、それはサラリーマンと何が違うのでしょうか。

相手に首を握られている状態で、必死に頭を下げて、なんとか成り立つようなビジネス。

そんなビジネスをやりたいとは思わないですよね?

 

資金も人脈も必要ないのであれば、学生から起業したところで何の問題もないわけです。

むしろ時間を社会人よりも自由に使える学生起業は理にかなっているとも思えます。

 

社会人経験が何年必要とか、そういった常識にとらわれる必要性は全くないです。

社会人で学ぶことよりも、自分で起業に必要な知識を勉強したほうが圧倒的に効率良いです。

 

常識にとらわれず、自分でメリット・デメリットを考えたうえで、行動していきましょう。