海外で起業を考えている人に物申す!東南アジアでの起業は甘くない!!!

こんにちは、哲也です。

 

先日ある人話をしていたら、こんなことを言っていました。

『東南アジアのタイとかベトナムとかで起業しようと思うんだよね』

『向こうだと日本よりもお金かけずにビジネスが出来るんだよ』

この話を聞いてどう思いますか?

 

正直僕は、

『この人考えが浅はかすぎるだろ…』

と少し残念な気持ちになりました。

 

Yahoo知恵袋等の質問掲示板で起業に関する質問内容を見てみたら、結構、東南アジアとか外国で起業しようと考える人がいることに驚きました。

しかも、そのほとんどが資金が掛からないという理由だけで。

 

もしあなたが東南アジアなどで起業を考えていて、かつ資金が掛からないという理由であるなら、その発想は危険ですのでやめてください。

確かに資金は日本よりも少なくても出来るかもしれませんが、それ以外の問題がありすぎるからです。

海外での起業がなぜ困難なのか?

資金が掛からないからと東南アジアでの起業を考えている人は、だいたいの人がビジネスについて全く勉強もしていません。

何となく、場当たり的に『何とかなるでしょ』と楽観視しています。

しかし、ビジネスでは何とかならない場合がほとんどです。

仮にたまたま最初の事業が上手くいっても、その後成功し続けることは無理です。

 

僕が東南アジアなどの外国で起業は辞めるべきだと考える理由は、顧客を理解することが難しいからです。

ビジネスの基本は、顧客が何を考えているのかを知ることです。

顧客は普段何をしているのか、どんなことに興味を持っているのか。

顧客のニーズを知るためにもリサーチを重ねなければいけません。

 

顧客を知ることが重要なのに、海外で起業したらどうなるでしょうか?

その国の文化、どんな暮らしをしているのか、何に興味を持っているのか、

これらのことを理解することができますか?

僕には日本で起業するよりも難しく思えます。

 

おそらくほとんどの人はそこまで考えていないはずです。

多少の物価の違いだけで海外起業を考えるだけでなく、もう少し具体的に考えるべきです。

海外市場開拓の難しさ

海外市場を開拓するのは、想像以上に難しいものです。

例えば、コカ・コーラを思い浮かべてください。

コカ・コーラはアメリカの企業ですが、日本で圧倒的なシェアを獲得しています。

なぜコカ・コーラが日本市場を開拓できたかというと、日本人(日本市場)を理解するために、相当長い時間かけて試行錯誤し、徐々に浸透させたからです。

 

自分の国以外の人の特性を理解するのは、表面上だけでは全然足りません。

例えば、隣の国である中国ですら、日本とは文化や考え方が全く異なります。

考え方が異なるということは、魅力を感じる部分もまた違ってくるということです。

 

日本人が、アメリカのお菓子を食べても甘すぎると思いますよね。

また、アメリカ人が日本の焼き肉を食べたとしたら肉が薄っぺらすぎると思うでしょう。

 

国が違うと考え方、感じ方が全く異なる。

海外起業がいかに難しいか理解できたでしょうか。

お金をかけない起業ならネット起業を考えるべし

もしあなたがお金をかけないで起業しようと考えているのなら、ネット起業について勉強してください。

ネット起業というのは、ネットを活用したビジネスモデルの事業を考えるということです。

 

これだけインターネットが普及してるのにも関わらず、ネットに関して勉強する人は圧倒的に少ないです。

SEO、PPC広告、ドメイン、サーバー。

これらの言葉を初めて聞いた、もしくは聞いたことあるけど知らないという人がほとんどだと思います。

需要と供給のバランスが崩れていて、供給側が需要に追い付いていない状態です。

そのため、ネットマーケティングに詳しくなるだけで、ビジネスは有利になります。

 

ネットの一番の利点は、資金ゼロから始めることが可能ということです。

例えば誰かの商品を代理販売するアフィリエイトであれば、サーバー代で月1000円くらいの費用で済みます。

それにアフィリエイトであれば、商品の売れ残りのリスクもないです。

また、ネットマーケティングに関しての体系的な知識を得ることができます。

 

別にあなたにアフィリエイトをして欲しいのではなくて、ネットの活用方法を理解したほうがいいという話です。

 

例えば広告にしても、広告代理店に依頼するのはただのお金の無駄遣いです。

なぜそう言えるかというと、広告代理店は計測しないからです。

多くの企業は、全く役に立たないマス・マーケティングにお金をかけすぎています。

マスマーケティングの最大のデメリットは、その効果を計測できていないことです。

効果を計測できないということは、改善することができません。

 

 

広告代理店に無駄なお金を払うくらいなら、Googleアドワーズというクリック課金型広告がありますので、そっちに広告を出したほうがいいです。

クリック課金型広告は、広告に興味ある人がクリックしなければ広告費が発生しません。

ということは、無駄な広告費を払うこともないし、効果も計測できます。

広告代理店よりも、よっぽどメリットあると思いませんか?

安易に考えるのではなく、ビジネスを本気で学ぼう

海外起業だけじゃなくて、起業、ビジネス自体を安易に考えている人は多いです。

しかし、安易な考えで起業して、失敗して、お金も時間も無駄にしてしまうのは嫌じゃないですかね?

 

基本的なビジネスに関する知識も、ネットに関する知識も、基礎的なITスキルも、勉強している人はまだまだ少ないです。

お金を掛けないで起業する方法なんていくらでもあります。

 

これらの知識は、本を読むだけでもある程度身につけることは可能です。

何の本を読めばいいのか分からない場合は、このブログの書評記事を参考にしてみてください。

多くの書籍は、起業家が勧めている書籍なので、読んでハズレを引くことも少ないかと思います。

ぜひ活用してみてください。