会社で使えない人間は独立しても成功しない・・・そう思っていませんか?

こんにちは、哲也です。

 

先日某質問掲示板を見ていると、こんな質問を目にしました。

『会社の仕事の出来ない人が起業するから辞めるらしいんですが、まともに会社の仕事も出来ない人が起業して上手くいくと思いますか?』

この質問、どう思いますか?

会社の仕事ができない人が独立・起業するなんて、夢を見ているだけだ。

そう思うかもしれません。

 

でも、実際は、そうではないとしたら、驚きますかね?

実は会社でいくら使えないと思われている人でも、独立・起業して成功することは可能です。

というか、会社での仕事ができる、できないという基準では、独立・起業の成功要因にはなりません。

 

いくら会社での仕事が出来なかろうが、独立・起業の成功とは全く関係ない。

その意外な事実について、今回の記事では説明してみたいと思います。

会社の仕事ができても独立・起業して成功できるわけじゃない

会社の仕事と一言でいっても、その人の勤めている会社や働いている部署によって業務は異なります。

ですが、どんな部署で働いていても、どんな内容の仕事でも、実際に独立・起業して成功することとは全く関係がありません。

例えば、冒頭の質問の仕事ができない人が、営業で働いていたとしましょう。

ノルマはいつもギリギリ達成できるくらいで、パッとした成果を出す人ではない。

その人は会話が苦手で、人と話すのが得意ではなくて、それが営業の仕事をするうえで足を引っ張っている。

こういった人でも、独立・起業して成功することは可能なのか?

、、、可能です。

会社での営業の仕事が出来なかったとしても、独立・起業で成功するためのボトルネックにはなりません。

なぜこう言えるのかというと、会社で働くのに必要なスキルと、独立・起業して成功するために必要なスキルが異なっているからです。

独立・起業して成功するのに必要な能力

独立・起業して成功するためには、基礎的なITスキルがあれば大丈夫です。

別に、才能とか、要領の良さとか、そういったことが必ず必要であるわけではありません。

独立・起業して成功するために最も欠かせない能力は、物を売る能力です。

これは対面で売る必要はありません。

インターネットで、システムを活用して、文章や動画で商品を販売することが、これからの時代は必須のスキルであると言えます。

つまり、webマーケティングコピーライティングのスキルを磨けば、成功は可能になるということです。

 

会社で仕事ができると言われている人は、一つの分野がただ得意なだけです。

例えば、先ほどの営業であれば、コミュニケーション能力があるので、接待などで良好な関係を築くのが得意で、売り上げ1位とか。

これだと、人と話すのが苦手な人は、その会社の営業の部署では仕事ができない扱いになるかもしれません。

しかし、そういった人でも、ネット上で物を売るスキルを磨くことは全然可能です。

 

以前僕がお会いした起業家は、ビジネスについてこのように言っていました。

『極論言えば、集客のスキルがなくても、物を売る技術さえ身につければ生きていける。

集客は、例えばネットでアクセスを集めたかったら広告を出せばいくらでも集められる。

集客できる人はいても、実際にモノを販売するスキルを持っている人が少なすぎる。

だから起業してお金を稼ぐのは難しくない』

 

例えば、会社の営業の仕事がメチャクチャできる人が起業したとしましょう。

その人は持ち前の営業力で、着実に契約を取っていきます。

しかし、来る日も来る日も営業に走り回っています。

自分が営業を辞めたら収入もゼロ。

休む暇はなく、ひたすら頭を下げ続ける日々。

 

その一方、会社の営業ができないと言われている人は、ネット上で販売するスキルを勉強しました。

その結果、webマーケティングとコピーライティングを身につけることができました。

ネット上には、自動で決まったメルマガを配信する方法があって、メルマガ内で商品を売るビジネスモデルを構築しました。

その結果、リスティング広告やFacebook広告で集客をして、メルマガに登録してもらい、自動でセールスが掛かる仕組みを作り上げました。

自分が動く必要がなく、システムに働いてもらっているため、自由に動くことができます。

そのおかげで、次のビジネスモデルを考えることが悠々と出来るようになりました。

 

あなたならどっちの生活が良いですかね。

後者の、ネット上で物を売る技術を身につけたほうが、これからの時代安心だと思いませんか。

会社の仕事ができる・できないではなくて、webマーケティングとコピーライティングが成功するために必要不可欠なスキルです。

 

それでは販売力、物を売る能力をつけるにはどうすればいいのでしょうか。

物を売る能力をどう学ぶのか

物を売る能力が起業するうえでの成功要因になることは分かったと思います。

webマーケティングとコピーライティングですね。

この2つの能力を身につける方法は、一つしかありません。

勉強あるのみです。

 

どちらも基礎的なことを勉強するなら、いくらでも書籍が出ています。

読書をすれば知識を身につけることは可能です。

 

コピーライティングは、知識だけではなく、文章の練習が必要になります。

ネット上の文章で、自分が欲しいと感情を突き動かされた文章を見つけましょう。

その文章を書き写すなりして研究します。

自分がなぜ感情を動かされたのかと。

 

物を売るためには、お客の感情を動かすことができれば、売れます。

感情を動かす、このあたりの事を知りたければ、神田昌典の『あなたの会社が90日で儲かる』という書籍が参考になるかと思います。

とにかく、まだまだコピーライティングはともかく、webマーケティングについて勉強している人は少ないです。

起業する人でも、こういった基礎的な知識をおろそかにして、アイディア勝負のギャンブルをしようとしている人が多すぎます。

そういった人たちは、一時期はいい思いをすることもあるかもしれません。

しかし、長期的に見て成功するのは、勉強を怠らず、成長し続ける人だけです。

そういった意味では、独立や起業して成功するためには、継続的な勉強を続けられる人、とも言えるかもしれませんね。

 

Ps.

webマーケティングとコピーライティングの基礎を学ぶなら、次世代起業家育成セミナーというセミナーがお勧めです。

特にこれからはネットを活用しないビジネスは考えられない時代になっていきます。

そのため、こういった知識を身につけるのは重要だったりしますので、興味があれば見てみてください。