【過去の損失を切り捨てる!】10万円捨てることで起業に集中できる環境を手に入れた話

こんにちは、哲也です。

 

人が平等に持っている資産が一つだけあるのですが、それは何だと思いますか。

誰もが持っている資産とは、時間です。

人生とは時間で出来ていますので、この時間を浪費する行動は極力避けるべきです。

と、こんなことは改めて言うまでもなく、知っているでしょうけど。

 

しかし、時間が有限であると知っていて、それを浪費することの恐ろしさを知っていても、なお時間を無駄にしてしまうことがあります。

それは、過去の損失に囚われてしまうことです。

人は過去の損失を取り戻そうと必死になります。

または常に後悔します。

『あの時こうしておけばよかった』と。

 

実は過去の損失を取り戻そうとする行動は、新たな損失を生み出してしまうだけだったりします。

そして負のスパイラルから抜け出すのには、方法はただ一つだけです。

過去の損失を切り捨てて、前に進むこと。

これをしないと、延々と過去に縛られ、今のあなたの行動は制限され続けてしまいます。

未来の自分の可能性をないがしろにする

過去の損失に囚われるということは、未来の自分の可能性をないがしろにすることを意味します。

何故かというと、無駄なリソース(時間)を使ってしまっているからですね。

人生でより良い成果を出すためには、選択と集中が必要です。

何をして、何をやらないのか。

やることにどれだけ集中できるのか。

これができる人は、自分の人生で満足いく結果を出すことができます。

 

過去の損失に囚われる。

これは未来に向かって進むあなたの後ろ髪を引くような、逆方向のベクトルが作用している状態です。

そのため、思いっきり前に進むことができない。

結果、後悔の芽を蒔き続けることになります。

10万円を捨てて集中できる環境を手に入れた話

過去の損失に囚われることの無意味さを、僕の経験を実例として紹介させていただきます。

 

お恥ずかしながら、僕は10万円を人に貸して、それを返済してもらうのに躍起になって、半年ほど時間を無駄にし続けました。

お金を貸した人は、前のバイト先の知り合いで、家賃を払えないから、バイト代が入るまで金を貸してくれとせがまれました。

その人とは、たまにご飯を食べに行くくらい、少し交友関係がある人だったので、1週間後には返すという彼の言葉を信じて、お金を貸すことにしました。

これが10万円ですね。

そして、10万円が返ってきたのかというと、結論を言いますと、返ってきませんでした。

 

約束の1週間を過ぎても返済する気配がなかったので、ラインでいつ頃返せるのか聞くことにしました。

すると、家賃1か月分ではなく、2か月分滞納していて、それを払わないと賃貸マンションを追い出されるとのこと。

正直知ったこっちゃなかったんですが、一応仲良くしていた人なので、もう少しだけ待つことに。

 

しかし、次のバイトの給料日になっても、一向にお金を返す様子がない。

さすがに我慢の限界だった僕は、約束が違うと、ラインや電話で返済を求め続けました。

連絡は取れる状態なのですが、言い訳ばかりで、謝罪の言葉はあるものの、お金を返さない。

この知り合いにお金を貸したことを後悔しました。

なんで俺は貸してしまったのだろうかと。

 

それから半年間もの間、僕はストレスに悩まされることになります。

返済を求めても応じない知り合い。

そのくせ何故かどうでもいいことをラインで送ってくる。

いやいや、お前が彼女に振られたこととかどうでもいいから!

 

貸したお金は返さない。

どうでもいいラインを送り続けてくる。

でもラインに対応して連絡を取れる状態にしておかないと、逃げられるかもしれない。

そうして半年ほど、この知り合いに悩まされることになりました。

 

お金を貸してから半年後、1円も彼からお金は戻ってこない状態で、ある本の言葉が胸に刺さりました。

【過去の損失に囚われていはいけない】

まさに僕の現状そのものであり、今後もその知り合いはお金を返さないだろう。

であるならば、これ以上関わるのは無駄ではないか。

10万円は働いたらすぐに稼ぎなおすことができる。

なおさら、お金を返さない友人に囚われることはない。

 

そう考えた僕は、お金を貸した彼の電話を着信拒否し、ラインをブロックして、完全に関係を断ち切ることにしました。

それから数日は悩みました。

『やっぱり返してもらうまで辛抱したほうがよかったんじゃないか』

『そろそろお金を返してくれるかも』

こうした葛藤を振り切って、自分の目標である起業に関する行動にだけ集中するようにしました。

 

すると、10万円のことは割り切ることが出来ました。

また、以前のようなストレスから解放されて、明らかに行動に集中することができるようになったし、生産性も上がりました。

これがいつまでも10万円に囚われたままだったら、、、

きっと1年後も同じようにストレスを抱えていたと思うし、時間を無駄にしまくっていたと思います。

 

10万円で起業するための活動に集中するための環境を手に入れた。

そう思えるようになったんです。

今を生きる

過去の損失に囚われていては、何時まで経っても未来に進みだすことができません。

思い切って、その損失を断ち切ることが重要です。

 

『たられば』を言っていてもしょうがないんですよね。

『もう少しこうしていたら、、、』

『あの時こうしていれば、、、』

過去の事に思いをはせていては、今の事に集中することができません。

 

時間は有限であり、人生とは時間で出来ている。

限られた資源を有効活用するためにも、無駄な資源の投入は辞めるべきです。

 

もちろん、これは勇気がいることだと思います。

切り捨てることは、そのことは完全に諦めることと同意ですから。

しかし、その損失を切り捨てることによって、今の自分が自由に行動できる環境を買い取るのだと思えば、、、?

そっちのほうがお得に思えませんか?

 

過去を向いて生きるのではなく、目の前のことに集中して生きるようにしていきましょう。