起業するなら英語力を鍛えるべきなのか?

こんにちは、哲也です。

 

先日とある人と話していて、

『起業するのに英語が必要か?』

ということについて議論していました。

 

その方は、留学をして英語力を身につけたうえで、英語を活用して起業することを考えているみたいです。

本人曰く、『やりたいことは無いけど英語は好きだから、それを使ってビジネスをしてみたい』という理由らしいです。

それにこれからの時代は、ビジネスがグローバル化していくから英語力が必須になる、とも話していました。

 

起業するのに英語力が必要である。

この問いに対して、あなたはどう思うでしょうか?

何となく必要そうだよな、とか、英語を学んどいて損することはないよな、とか思ったかもしれません。

 

しかし、僕の考えはそれとは正反対かもしれません。

 

僕は、起業するのに英語力は必須ではないと考えています。

少なくとも現時点で日本で起業するのに英語を話せる必要はないし、

英語を勉強する時間をビジネスを勉強するために使ったほうが、より収入を上げることができると感じているからです。

起業するのに英語力を鍛える必要がない理由

起業するのに英語力を鍛える必要がないと思う理由は、先ほども説明した通り、英語よりビジネスの勉強したほうが収入は上がるからです。

既に英語を話せる人であれば、なおさらビジネスの勉強をすべきだと思います。

 

現時点で英語を話せないのに、起業に有利だからと言って英語を鍛える必要はありません。

英語を勉強して、話せるようになって、英語をどう活用するかが見えていないからです。

ただ『役に立ちそうだから』と英語を始めるのでは、仮に英語を習得できたとしても役に立ちません。

何となく役に立ちそうなことよりも直接的に起業に関して勉強をしたほうが、絶対に起業するうえでは役に立つはずです。

 

日本の経営者中では、英語を話せない人のほうが多いでしょう。

であるならば、起業に英語が絶対に必要であるとは言えなさそうです。

英語を話せる人はコモディティー化している

起業するのに英語力があるほうが有利だと思う理由は、いったい何でしょうか。

英語を話せる人が少ないから?

いや、今の時代英語を話せる人はいくらでもいそうです。

英語を上手に教えるビジネスができるから?

英語教材や英語塾などはいくらでも世の中に溢れています。

つまり、英語を話せることは、珍しいことではないということです。

 

価値は需要と供給のバランスから決まります。

英語の場合、供給が多いので、需要は供給に比べて少ない状況です。

つまり、起業家として英語ができるだけでは、全く価値がないとみなされることになります

 

英語はビジネスの『資源』です。

資源を活用するのが戦術であり、資源を配分するのが戦略です。

資源単体を手に入れる努力をしたとしても、結局それを活用する方法だったりが分からないので、起業して成功することとは出来ません。

資源を手に入れることに努力をするのと、戦術や戦略を学んで資源を上手く扱えるようになること。

どちらが起業して成功するために必要不可欠であるか、理解できるかと思います。

もちろん、戦術や戦略を学んだほうがいいわけです。

英語+αを意識する

英語を話すことができるだけで商売になる時代ではないので、+αが必須になります。

この+αというのが、ウォンツ創造と言い換えることができます。

英語を話す、ただ教えるというのはニーズを満たす行為です。

しかし、英語のニーズは十分に満たされている状態です。

『英語を教えてくれる人がいない、英語を学ぶ塾などが存在しない。』という状態ではないですよね。

 

ニーズで勝負をしようとしたら、大企業と真っ向からぶつかり合うことになります。

大企業が利益率が低いビジネスでも成り立っているのは、大企業だからです。資金力に物を言わせているからです。

しかし、起業家には大企業ほどの資金はありません。でも、大企業と同じ土俵で戦う必要もありません。

大企業と争う必要のないビジネス、それがウォンツ創出型ビジネスです。

 

現代はニーズが満たされているので、新しい形のニーズが現れました。

ニーズが多様化し、顧客が求めるウォンツ(細分化したニーズ)を提供することが起業家の使命です。

 

起業して英語塾を開講するだけでは、大企業に勝てるわけがありません。

既存の英語塾では満たされない欲求が必ずあるはずです。

だからこそ、起業家は満たされない欲求の部分だけを、ワンポイントだけ改善したサービスを提供する。

小難しいことを考える必要はなく、これだけでも大企業と差別化し、顧客のウォンツに応えることができるようになります。

 

例えば、近くに英語塾がない人のために、オンラインで英語の家庭教師をする、という感じで。

オンラインで塾のビデオを配っているビジネスは存在しますが、英語のオンライン家庭教師はそれほど数は多くない。

であれば、英語のオンライン家庭教師であれば独立してお金を得ることはできそうだ、となるかもれません。

 

実際にはもっと顧客のリサーチを実施したりする必要はありますが、考え方は伝わったかと思います。

二兎追うものは一兎も得ず

今現在、英語が話せるわけではないのに、英語を一から学んで、英語を習得してから起業する。

もし、このように考えているのなら、その考えは非常に危ういです。

まず第一に人が新たに集中できることは1つだけということ。第二に、時間が掛かりすぎるということです。

 

英語も起業も、両方の勉強が成立することはないので、どちらかに集中する必要があります。

それで、ただ単に英語を話したいだけであれば英語をすればいいでしょう。

しかし、起業を目標としている場合は、起業を優先させるべきです。

起業に英語は必須ではありませんが、起業に起業知識やビジネスの知識は必須だからです。

 

また、英語を一から学びなおすとしても、いったいどれくらいの時間が掛かるでしょうか。

一般的に語学に費やす勉強時間は、平均で3000時間近くかかると言われています。

1日3時間勉強しても、3年近く掛かる計算です。

3000時間英語を学んで、その後起業に関して勉強する。

実際には毎日3時間も勉強できる人はいないでしょう。

であれば、平気で10年とか、それ以上とか掛かってしまいます。

英語に費やす3000時間を起業を勉強することに使ったら、、、?

多分周囲の誰よりもビジネスに詳しくなりますし、起業して成功する確率もグンと上がるでしょう。

 

最終目標を何に置くか、これを意識する必要があります。

今回の場合は、起業する→そのために英語を勉強する、という考えですから、起業することが最終目標であるわけです。

であるならば、起業に直接関係あることだけに集中して、その他の直接は関係ない、英語などは無視すべきです。

選択と集中で人生の質は変化します。

自分がどうしても達成したい目標があるのなら、その目標を達成するために必要なことだけをして、それ以外は捨てる。

これが目標達成のために重要です。

 

起業するために英語力を鍛える必要はありません。

起業するために、起業の勉強をするようにしていきましょう。