仕事辞めたいから起業するべきか悩んでいる人に伝えたいこと

こんにちは、哲也です。

 

某質問掲示板を見ていると、仕事を辞めるべきか悩んでいる人が多いことに気が付きました。

その中でも、仕事がつらいから起業して自分で商売をしようと思う、という質問を見て少し疑問に思いました。

仕事がつらくて仕事を辞めるのは分かります。

でも、だからと言って安易に脱サラ起業を考えるのは危険です。

 

脱サラして起業してサラリーマンよりもストレス感じない、ということにはならないです。

何の考えもなしに起業するのであれば、むしろサラリーマンよりもはるかに多いストレスを感じることになると思います。

 

起業という選択肢を考えるのは良いことだと思います。

実際これから先は自分でお金を稼ぐ術を持っているほうが、下手な大企業に勤めるよりも安全でしょう。

しかし、だからと言って起業を安易に考えてしまってはいけません。

起業を考えるのであれば、起業を真剣に学ばなければいけないからです。

脱サラ起業は楽?

脱サラ起業をしたほうがストレスを感じ無くて済む、、、

確かに会社の上司や人間関係などで思い悩むことは無くなるでしょう。

しかし、一つだけ問題があります。

脱サラ起業をするということは、自分で生計を立てなければいけないということです。

当然のことと言えば当然なんですが、自分で売り上げを立てる必要があることについて安易に考えている人が多いです。

 

例えば、今務めている会社と同じ分野で起業を考えていたりします。

やっていることはサラリーマンの時と同じだから、何とかなるだろう。

そう思ってしまうんですが、実際はそうもいきません。

 

自分だからお客さんから商品やサービスの申し込みが来るように思えるんですが、実はそうではない場合が多いです。

あくまでも会社として信頼があるからこそ、商品やサービスが売れるという場合がほどんど。

これを知らずに脱サラ起業したけど、年収も下がったし、仕事量も増えたし、結局サラリーマンのほうがよかった、、、

こんなことになりかねません。

脱サラ起業にはもっと慎重になるべき

せっかく脱サラ起業という選択肢を考えるのであれば、もっと慎重になるべきです。

今自分ができることで起業しようとすると、そのまま延長線上に上手くいきそうな気がしますが、そんなに世の中甘くないです。

 

起業してお金を稼ぐということは、自分で集客、販売などの作業をしなければいけないということ。

逆にこれらを学んでいない状態で、商品やサービスだけがある状態では、どんなにいい商品・サービスであっても売れません。

よく物はいいのに、何で人気が出ないんだろうという商品とかあると思います。

そういった商品はマーケティングが下手だったりするので、その商品より質が低くて値段も高い商品にお客さんを奪われてしまいます。

 

自分の得意分野で起業しようと思うと、こういったマーケティングの部分が抜けてしまっている人が多いです。

マーケティング(販売戦略)やコピーライティングなどを学ばずに起業することは、実はただのギャンブルです。

もしかしたら上手くいく可能性もあるかもしれませんが、ほとんどが失敗に終わります。

 

戦略なき起業ほど恐ろしいものはない。

このブログでは何度もこのことを言っていますが、何度も記事で書くくらい、大切なことだからです。

もしあなたが今脱サラ起業を考えていて、マーケティングなどの戦略が全く頭にないのであれば、その脱サラはちょっと待ったほうがいいです。

転職して起業準備をするという選択肢

もし今いる環境がどうしても我慢できないのであれば、一度転職して起業準備に取り掛かるのも選択肢の一つです。

脱サラ起業を考えているということであれば、その会社に縛られ続ける理由もありませんよね。

でしたら、今よりも時間が取れそうだとか、人付き合いが少なそうな職場、職種へと転職してみてはどうでしょうか。

 

実際僕は、転職→起業準備という風に、一度転職しています。

僕自身の経験として、転職して正解だと感じています。

前の職場であれば、毎日ストレスを抱え込んでいたり、自分の時間を取ることができなかったりと、とても起業準備に集中することができませんでした。

でも今働いているところは、労働時間は前より減ったし、その割に給料は同じくらい出ているしと、

『もっと早く転職しておけばよかった』

とある意味後悔しています(笑)

 

脱サラして一番精神的にきついのが

収入<支出

という風に、貯金がどんどん削られていく感覚です。

このバランスでは心はどんどん不安定になっていき、とても自分のビジネスに集中できません。

むしろ結果を焦るばかりに、どんどん空回りすることになります。

 

逆に、

収入>支出

という風に貯金が増えていくような環境であれば、結構心は安定します。

今の僕自身がそうですが、しっかりと腰を据えて戦略を立てたり資金を作ったりすることができます。

まとめ

今の仕事がキツイから起業をして自分で稼ぐ。

安易にそのように考えてしまうことは危険です。

 

むしろサラリーマンのほうがよかった、、

そう後悔してしまうことになるのは嫌ですよね。

もし起業を考えているのであれば、もっと真剣にビジネスを学ぶ必要があります。

 

ネット上では起業するのが簡単で、楽に稼げるという風に伝える人もいます。

が、それはしっかりと戦略を立てて、ビジネスを真剣に学んだ結果です。

決して起業自体が楽であるわけではありません。

 

そういったいい面だけを見るのではなくて、しっかりと現実を見ましょう。

そのうえで起業を目指すのであれば、起業準備に集中できる環境に移動する。

そして真剣にビジネスについて学んでみる。

このほうがよっぽど起業して成功することができると思います。