起業するためには資格を取る必要があるのか?

こんにちは、哲也です。

 

『起業に有利な資格は何がありますか?』

こういった質問をよく見かけます。

起業に有利な資格があるとしたらどんな資格でしょうか?

 

中小企業診断士?

ファイナンシャルプランナー?

社会保険労務士?

税理士?

 

これらの資格を取れば起業するときに有利になるかというと、、、

自分が目指す分野に必須である資格でなければ取る必要は全くないです。

 

なぜそんなことを言えるかというと、資格は運転免許と同じです。

運転免許があるからと言って簡単に仕事が見つかるでしょうか?

たぶんそう簡単には見つかりませんよね。

それと同じで資格を取ったとしても、それ単体では意味がないということです。

 

資格を取って何ができるのでしょうか?

その資格がなければできない業務をすることができるようになります。

でも、それはビジネスでいえばサービス(商品)の部分だけ。

ビジネスに必要なのは、販売力+サービス(商品)です。

 

つまり資格を取ったとしても、それを活かす方法を知らなければ、運転免許証がビジネス上で有利になるわけではないように、起業において資格が有利になることもありません。

なぜ資格を取れば有利だと思うのか?

なぜ多くの人は起業において資格を取れば有利になると思うのでしょうか?

それは資格を取るための勉強を商品にしている企業のマーケティングに上手く乗せられているからです。

 

資格を取るための勉強を商品にしている会社はいくつもあります。

こうした会社は、お客さんに資格を取りたい!と思ってもらわなければ商売が成り立ちません。

となると、当然お客さんい資格を取りたい!と思ってもらうためにはどうすればいいのかを考えます。

例えば、資格もないのに商売をしても信用されないですよ、みたいな。

 

ここでたいていの人は、

『そうか、起業には資格が必要なのか』

と信じ込んでしまう訳です。

 

でもでも、よく考えてみてください。

起業するために資格を取る必要が本当にあるのでしょうか?

資格を持っていても起業に有利にならない

資格を持っていれば起業に有利になると思うかもしれませんが、実際は有利になることなんてありません。

むしろ資格ありきの起業はリスクが高いといえます。

例えば中小企業診断士などといった資格を取っておけばコンサルとして信用度が上がるように思えます。

しかし、今の時代資格を持っている人なんて世の中に溢れかえっています。

 

自分の会社の商品やサービスを宣伝するときに、

『私はこういう資格を持っています』

という売り文句だけで、はたしてお客さんが行動するでしょうか?

まず行動しないし、商品を申し込むこともないでしょう。

 

ビジネスにおいて資格が有利になると思っているのなら、その考えは危険です。

なぜなら資格よりももっと学ぶべきことがあるからです。

資格取得の勉強よりも重要なこと

資格を取得することに勉強時間を費やすことはもったいないです。

資格を取ったところで起業には有利にならないのですから、自分が起業したい分野に必須である資格以外は取得する必要はありません。

 

であれば、いったいどんなことを勉強しなければいけないのでしょうか?

その答えは、モノを売る技術を身につける勉強です。

モノとは、実物のある商品、実物のない商品(サービス)、その両方です。

販売力を身につけなければいけません。

 

起業を考える人の多くは、この販売力について軽視します。

『お客さんは何とかなる』

そう楽観的に考えています。

 

しかし、販売力が無ければどんなにいい商品でも売れません。

あなたがどれだけ気持ちを込めて提供する商品でも、どんなに他社よりも優れていても、販売スキルが無ければ意味がありません。

販売力を身につけないのは怠慢

良い商品があるのに販売力がないからこそ、その商品が世の中に普及しなかった。

その結果、質が悪い商品が世の中に溢れかえってしまう。

これは販売者の怠慢です。

良い商品を持っているのならそれを世の中に普及させなければいけません。

 

良い商品だけど人からあまり知られていない。

これはひとえにマーケティングが下手だから起こってしまう事態です。

モノが良ければ売れるという職人的な発想ではこれからの時代、生き残っていけません。

 

モノが悪いけど売り方が上手くて売れている商品もあります。

でも、そういった商品の悪評はすぐにネット上に蔓延します。

これのいい例がAmazonのレビューですね。

良い商品には高評価がどんどんついて行くように、悪い商品には悪評化がどんどんついて行きます。

これからの時代は、モノが良くてよく売れる商品を販売していかなければいけません。

そして商品がよく売れるためには販売力、マーケティングだとかコピーライティングだとかを身につけなければいけません。

 

マーケティングやコピーライティングを身につけることは、その辺の資格を取ることよりも圧倒的に有利になります。

日本にはまだまだ販売ができる人は少ないです。

多くの人は人脈ありきの商売だったり、集客を広告代理店に丸投げして結果が出なかったりしています。

 

その中で少数派である販売力をあなたが身につけることができたら、、、?

 

基本的に価値がどのようにして決まるかというと需要と供給のバランスです。

需要<供給、であればモノの価値はどんどん下がっていきます。

モノが欲しい人よりも供給される量のほうが多いからですね。

ニーズを満たす商売だとこのように価格競争に陥りやすいです。

 

需要>供給、であればモノの価値はどんどん上げっていきます。

欲しい人が多いのに、提供される量が少ないからです。

最近ですとニンテンドースイッチとかがありますよね。

定価よりも数万円上乗せされて販売されています。

これはウォンツ、欲しいという感情を満たす商品だからです。

 

ニーズを満たす商売はこれからの時代、どんどん値下げ合戦が繰り広げられ、体力のある大手が一人勝ちします。

資格を取ってその資格で出来る仕事をすることも、ニーズを満たす商売に当たります。

これではいけないということです。

販売力を身につけ、人から欲しがられる商品を提供し、お金もちゃんと頂く。

これからの時代、生き残っていく起業家はこのようなスタイルになります。

 

資格を勉強してニーズを満たす商売を選ぶのか?

それとも販売力を学んでウォンツを満たす商売を選ぶのか?

 

どちらが有利になるのか、もうわかりますよね?

資格よりも、より本質的な勉強をしていきましょう。