日本と米軍の関係性。その隠された真実とは?~『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』矢部宏治【書評】

こんにちは、哲也です。

 

今回は最近話題になっている書籍、矢部宏治『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』を読んでみました。

Amazonで購入する【知ってはいけない 隠された日本支配の構造】

僕自身は政治的な知識に乏しくて、ニュースで米軍関係の事件などを見ていると、

『なんか納得できないんだよな~?』と疑問を感じていたんですよね。

 

その疑問を解決してくれたのが、本書です。

 

タイトルや帯の文言から、少々怪しさを感じるかもしれません。

しかし、著者の妄想と一蹴することはできないと感じさせる一冊でした。

 

おそらく知っている人は知っているが、本気で知ろうとしなければ知りえない知識。

それをまとめたのが、本書の内容であると感じました。

 

どんな人が読むべきか?

僕のように生まれたときには米軍基地が日本にあるのが当たり前。

という世代には『米軍(米国)と日本の複雑な関係性』を把握できている人は少ないんじゃないでしょうか?

 

ぼんやりと問題を理解してはいるけど、はっきりと知識として知ってはいない。

そういう人は読んで損はないと思います。

 

 

特に、

●なぜ米軍が戦後何十年も経っているのに日本に居続けるのか?

●日本と米国の隠された関係性

●現在の日本にいる米軍の問題点

といったことに興味がある、知っておきたいという人にお勧めですね。

 

本の要約

日本にいる米軍は、日本人が思っている以上に好き放題に出来る権限を持っている。

例えば以下のようなものだ。

●米軍は日本国内どこにでも米軍基地を作ることを要求できる

●日本政府の許可を得ることなく、航空機で危険な訓練を行う

●米軍は、日本の法律には縛られない

 

これほどまでに強力な権限を、戦後数十年も経っている今でも有している。

このことは、世界的に見ても【異常】である。

 

なぜ米軍はこのような強力な権限を持っているのか?

日本が米国に絶対的に逆らえない本当の理由とは何か?

 

米軍は国内のどこにでも基地を作ることが出来る

実は米軍は日本国内どこでも、基地を作れるように日本政府に要求することができる。

また、日本政府はこれを合理的な理由なしに拒否することが出来ないとしている。

 

上記の文言は、著者曰く、外務省自身が認めているものだという。

 

これが事実だとしたら、北方領土が返還される兆しがないことに納得できる。

北方領土が返還されるということは、ロシアに最も近い場所に米軍基地が作られる可能性があるということ。

それであれば、日本の返還要求に応えることは出来ないのは、当たり前の話だろう。

 

横田空域の問題

横田空域の存在を知っているだろうか?

横田空域は、神奈川県から長野県までを、長方形に切り取ったような形をした空域である。

 

この空域では、米軍はどんな危険な訓練でも行うことが出来る。

また、日本政府の許可を得る必要もない。

この空域内は日本の航空機でさえも米軍の許可なしに飛ぶことを許されない。

だからこそ、羽田空港や成田空港へ離着陸をする航空機は、横田空域を避けるように不自然なフライトを義務図けられている。

 

さらに、このような空域は沖縄県にも存在している。

沖縄県に航空機でいった人は分かるかもしれないが、沖縄県の空港に着陸する航空機は、空港着陸までの長距離を超低空飛行で飛んでいる。

 

何故かというと、米軍機が沖縄基地に安全に離着陸できるようにだ。

日本の航空機には高度300メートル以下での危険な航空を義務付けている。

 

もはや、横田空域や沖縄上空は事実上の米国の領域となっている。

 

日本に住んでいる日本人からすれば、このような事実は腹立たしいものであろう。

なぜ日本の領土で外国の軍用機に気を使わねばならないのか、と。

 

しかし、なぜ米軍は、日本国内において、まるで植民地のように振舞うことが出来るのだろうか?

 

実際、横田空域や沖縄上空のこと以外でも、このような米軍の、普通では考えられない権利が存在している。

その理由は、安保条約のようなオモテの取り決めと、その裏で密約が取り決められているからだという。

現在の日米の関係性を決定づけた要因【朝鮮戦争】

現在の日米の関係性を決定づけた要因は、朝鮮戦争にある。

 

戦後の日本は、米軍が常駐する植民地のような扱いを受けていた。

しかし、数年後には米軍が日本から軍を引き上げるはずだった。

 

その理由は、アメリカ自身が大西洋憲章で取り決めた【領土不拡大】という原則に違反するという批判を恐れたからである。

 

しかし、その時、朝鮮戦争が勃発した。

こうなっては日本の占領を解くことを、軍部が認めるわけにはいかなかった。

朝鮮戦争とは、米国と中国・ソ連の代理戦争でもあったのだから。

日本という拠点を失うわけにはいかなかったのである。

 

朝鮮半島に出撃した米軍は、北朝鮮による攻撃を予想しておらず、そのせいで一時は海沿いまでの撤退を余儀なくされてしまう。

米軍には日本の戦争への協力が必要不可欠になったのだ。

 

その時に活躍したのがダレスという日米安保条約の生みの親だ。

彼は日本を独立させる代わりに、米軍への援助をすることを義務図けることを条件に、軍部に日本の独立を納得させた。

 

そして日本は独立、表向きには安保条約という占領からの解放としたが、その裏では米国への軍事支援の義務を負せたままに。(密約)

この米軍への戦争協力体制が現在でも残っているからこそ、米軍が日本において好き放題動き回れるのだ。

 

自衛隊が出来るきっかけにも

朝鮮戦争が勃発すると、日本の米軍は朝鮮半島へと出撃する。

そうなると、日本国内の米軍基地が手薄になる。

 

そこで発足されたのが【警察予備隊】だ。

警察予備隊とは、今の自衛隊の元となる組織で、

警察予備隊→保安隊→自衛隊という風に名前を変えてきた。

 

一度は疑問に感じた人も多いと思うのが、

なぜ憲法9条がある日本に、自衛隊という事実上の軍隊が存在しているのか?

ということだ。

 

その理由は、旧安保条約・原案に記されているという。

旧安保条約・原案の第14条には、アメリカの判断を仰いだうえでなら軍隊を持つこと、軍事力を行使することを許されるとされている。

 

そして、この構造は、今もなお続いている。

つまり、自衛隊は日本政府の指揮を受けるのではなく、アメリカの指揮のもと、軍事力を発揮するということだ。

 

他国の軍隊に従属する形の軍隊を持つ国は、もやは独立国とは言えない。

日本は、軍事面での占領状態が続く半分主権国家であるということである。

 

そして、このような占領下の戦争協力体制が現在まで続いている。

 

だからこそ、日本は

●米軍基地の設置要求

●横田空域や沖縄上空のような問題

●米軍兵士の犯罪を取り締まるのが困難な問題

という問題を抱えているのだ。

 

読後感想

さて、今まで政治的な出来事に対する知識がなく、ニュースの内容を見ていても、

何故か釈然としない、悶々とした気持ちを味わっていました。

しかし、本書を読み進めることで、今まで自分が感じていたモヤモヤがある程度スッキリした気がします。

 

いわゆる『トンデモ本』と一蹴できない説得力

 

タイトルや書籍の表紙の文言を読んでいると、陰謀論者であるかのような印象を受けていました。

けれども、内容を読んでみると『著者の妄想である』と一蹴することは出来ない説得力を感じます。

 

日本という国は、なぜ米国の言いなりにならざるを得ないのか?

日本国内なのに、米軍の訓練や事故に対し強く糾弾することが出来ないのか?

 

こういった疑問を感じていたので、著者の意見は疑問の解消に大きく役立ちました。

 

米国に対して、下手に出ざるを得ないのは、日本人のNOといえない性格だとか、首相の能力の問題ではない。

それ以上の問題点を抱えていたことに、改めて気が付かせてくれた本でした。

 

しかし、著者の情報収集や考察には感心させられる一方で、

妄信することは出来ないと感じさせる、いくつかの疑問があります。

 

重要なキーワードである【密約】についての疑問

本書の中で重要なキーワードであるのが、米軍と日本の官僚との間に結ばれているという【密約】です。

 

この【密約】が事実であるとしても、肝心の証拠というか、情報の入手方法、入手先についてほぼ言及されていません。

そのため【密約】や秘密会議の内容に対して、イマイチ現実味を感じることができませんでした。

 

本書【知ってはいけない~】は、著者の今まで出版していた本の総集編というか、

著者の訴える日本の問題点を一冊の本にまとめたものだといいます。

 

そのせいか、全体的に少々根拠が薄い印象を感じましたね。

他の書籍では、しっかりと根拠を明確にしているのかもしれませんが、

少なくとも本書の内容だけでは全てを信じ切ることは、少し無理があるように感じます。

 

米軍だけが諸悪の根源であるような物言いに疑問

そして僕が最も疑問を感じる要因となったのが、以下の文言。

かつては私たちの最大の「敵」であり、また「恐怖の的」でもあったロシアや中国は、新しい国際社会のなかで、アメリカよりもよほど自制的にふるまっています・・・

突出した軍事力を維持し続け、国連憲章を無視した他国への軍事介入を繰り返しているのは、ただ一ヵ国アメリカだけなのです。

う~ん。

まるで世界的に見てアメリカという国だけが、戦争という暴力的な手段に走っているような意見ですが。

 

これは完全に僕の推論なんですが、著者の左派的な思想が表に出た一文なのかな、と感じました。

(著者に左翼的な思想があるかは知りませんが、僕がそう感じただけ)

書籍を読んでいて何か引っかかると感じていたのですが、おそらくはこれが原因ですね。

 

別にアメリカ(米軍)だけでなく、中国、ロシア、その他もろもろの軍も問題的な軍事行動をしていると思うんですが。

まあ、本書の主要なテーマは、あくまでも【日本】と【米国(アメリカ人)】なので、分かりやすく書いただけなのかな?

 

ちなみに、著者はこういった米軍問題を解決するには以下の方法があると言います。

きちんとした政権をつくり、安保条約で利権を得ている連中を排除する。

そして、アメリカ大統領などに『さすがにこのような不平等条約は改正させてほしい』と交渉すればいいと。

 

確かにその通りなんだろうけど、ちょっと楽観的だと感じたのは、僕だけですかね?

 

まとめ

本書の内容をそのまま鵜呑みにすることは出来ないかな、というのが僕の感想です。

これは本書の内容の信ぴょう性の有無というよりは、僕自身の知識の問題です。

 

正しいか、正しくないかを知識のない状態で決めつけるのは、考えていないのと同じ。

 

僕にはまだ、こういった知識が不足しているので、正しいかどうかは分からない。

少なくとも、ただの妄想と一蹴するほど、荒唐無稽なことを言っているようには感じませんでした。

 

こういった側面もあるのかもしれない、という風に一つの説として読むべき本だと感じましたね。

 

Amazonで購入する【知ってはいけない 隠された日本支配の構造】

 


 

記事内容が役に立ったと感じたら、クリックをお願いします!

管理人のモチベーションが上がります ^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村