『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』書評~最先端技術を駆使して起業を目指す!




どうも、こんにちは!

哲也です。

 

起業スタートアップの違いって、知っていますか?

僕は起業とスタートアップが同じようなものだと思っていたんですけど、

実はそうじゃないらしいですね。

 

起業というのは、新しく事業を起こすこと。

スタートアップというのは、新しい形態のビジネスで急成長する事業を起こす、みたいな意味です。

つまり、スタートアップは起業の一種であるということですね。

 

スタートアップにも色々な種類があります。

例えば、個人と個人をつなぐ、

いわゆるシェアリングエコノミー的なビジネスとして急成長したAirbnbUberは、

既存の技術を組み合わせて、新しい形態のビジネスモデルを作り出しました。

 

そして、今回読んだ『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』では、

最先端のテクノロジーを活用したスタートアップについて書かれています。

テクノロジー・スタートアップが未来を創る

鎌田富久

著者の紹介

著者の鎌倉田氏は、東大卒で起業経験のある方です。

 

一体どういった事業をしていたかというと、

ガラケーをインターネットに世界で初めてつないだ人で、(ドコモのiモード)

現在は創業間もない企業に投資するエンジェル投資家として活躍されています。

 

当時は周囲に起業する人なんて多くはなく、沢山の苦労をされてきたそうです。

書籍内では、起業当初の金銭面での苦労や失敗談など、経験したことのある人でしか語れない内容が多く書かれています。

そういった過去を持っている著者だからこそ、今後どのように世界と戦っていくのかという主張に説得力を感じるんですよね。

 

これからスタートアップ(特にテクノロジーを活用したもの)を目指す人であれば、是非、読んでおいたほうが良い書籍ですよ。

書籍の内容紹介

書籍の内容としては、最先端テクノロジーを活用した日本発のスタートアップの紹介や、

テクノロジー・スタートアップをどのように起こしていくのか

という部分について網羅されています。

 

テクノロジー・スタートアップと聞くと何だか難しそうな印象を受けますが、本書籍の内容はそこまで難解ではなかったです。

最先端技術を活用したビジネスを知りたい人であれば、面白く読むことが出来る書籍だと思います。

 

本書籍の立ち位置は、ハウツー本ではなく、

テクノロジー・スタートアップという世界を知ってもらうための書籍であると感じました。

書籍の中では、テック起業家になるのかの手段が書かれてはいますが、

その過程はあまり詳しくは書かれていなかったからです。

 

また最先端技術を活用したスタートアップをテーマにしているため、

そういった技術や専門的な知識を持っていない人には、

再現することが難しい分野であると思いました。

 

ちなみに、スタートアップに関しては『起業の科学』という凄く良い書籍が出ています。

内容的には、スタートアップの1から10までを順に説明している実用本なので、

スタートアップを目指すなら必見の書籍と言えるでしょう。

 

この記事で紹介している『テクノロジー・スタートアップが未来を創る』と合わせて読むことで、

より具体的に目指すべき方向や方法論が理解できること間違いなしです。

読後感想・書籍を読んで学んだこと

どんな経営者の書籍を読んでも思うのが、

自分の失敗を惜しげもなく語ってくれる書籍の存在はありがたいです。

 

成功した過程からも多くのことを学べますが、

成功よりも失敗することの方が多いのがビジネスだと思います。

ただ、その失敗をどの程度に抑えることが出来るのか、というのが鍵となるのかなと。

 

著者は失敗から多くを学んできたというし、むしろどんどん失敗するようにと言います。

失敗を失敗で終わらせるな、ということはよく言われますが、それを実行することは意外に難しいものですよね。

失敗なんて忘れて振り返りたくないし、出来れば無かったことにしてしまいたい。

でも、そこで失敗の理由を分析することで、次の一歩への手がかりが見つかるわけです。

 

また、本書を読んでいて特に印象に残ったのが、次の一節です。

まだ、日本では米国ほどスタートアップが多くないし、成功事例も少ない。これはある意味、大きなチャンスだ。数が少ない分、少しうまくいけば注目されるし、資金も集まりやすい。そう、競争相手が少ないのだ。

これはスタートアップだけじゃなくて、スモールビジネス的な起業でもいえることだなと思います。

 

今はまだ起業するという選択肢を検討する人は、圧倒的に少数派。

だけど、これからは個人で稼ぐことが、より一般的になっていくことが予想されます

その証拠に、企業が副業を認める動きが進んでいるし、

AirbnbやUberなどのように個人が稼ぐためのプラットフォーム企業がどんどん急成長しているじゃないですか。

 

どんな分野でもいえることですが、有利になるのは早いうちから動き始めた人ですよね。

今、注目を集めている仮想通貨だって、数年前まで1円とかそれくらいの価値しかなかったのに、今では100万円とか、そんな価値が付いている。

数年前1万円でも投資していれば、一財産築くことが出来ていたわけですから。

 

仮想通貨のような流れが、起業、もっと具体的には個人で稼ぐということでも起こりうる。

であれば、今のうちから、副業でも何でもいいから個人の能力を高めておく必要があるのかな、と思います。

 

『よーい、どん!』でみんなと一緒に走り出す必要はなくて、先にゆっくりと走り出すだけで周囲に差をつけることだって可能なわけです。

 

だから、もし起業や副業に取り組むのであれば、早いうちのほうがいいよね。

なんてことを、本書籍を読みながら考えていました。

まとめ

ということで、いかがでしたでしょうか。

テクノロジー・スタートアップという、なかなか難しそうな分野の本でしたが、得られるものは多かったです。

 

こういった最先端の技術は常に注目する必要があると感じています。

というのも、異常に技術革新のスピードが早くなっているし、気が付いたら時代に取り残されてしまいかねないからです。

 

僕は起業を目指しているので、特にテクノロジーの動きには注意を向けているんですが、

そうじゃない人にとっても、他人ことではない状況になってきていると思います。

 

AIやロボットが人間から仕事を奪う、なんてことが言われていますが、

そのAIについてもロボットについてロクに知らない人が結構な割合でいます。

そういった人たちは、いよいよとなった時に初めてヤバいと感じるわけですが、

もう手遅れで何もできない!・・・なんて状況、嫌じゃないですか。

 

AIでもロボットでも仮想通貨でも、それぞれ分かりやすく解説された書籍だったり、ウェブサイトがあります。

そういったものを活用して、少しづつでもいいから、自分の知見を広げていったほうがいいのではないでしょうか。

テクノロジー・スタートアップが未来を創る

鎌田富久

PS.

ちなみに、起業に興味があって、もっと詳しく学びたいのであれば、無料で視聴できるお勧めのセミナーがあります。

セミナーの名前は次世代起業家育成セミナーで、僕が今まで見てきたセミナーの中でもダントツで役に立つと思えたセミナーです。

 

累計4000人以上が参加して、満足度が90%以上という、ハイクオリティな内容になっています。

元々は定価1万円で販売されていたんですが、期間限定で無料で配布しています。

下記の記事でより詳細に紹介しているので、興味があればチェックしてみてください。

あなたの読書がどの程度身についているのか、ビジネスマンとしての実力を数値化できる起業センス測定試験で確かめてみませんか?!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です