『ブログの書き方マニュアル』書評~ブログ初心者必見の記事構成の基本が学べる!




どうも、こんにちは!

哲也です。

 

先日『ブログの書き方講座』という書籍をレビューしました。

今回レビューするのはその続編?的な『ブログの書き方マニュアル』という書籍です。

(前作同様に、kindleアンリミテッドで無料で読むことが可能)

ブログの書き方マニュアル(Amazonkindleでのみ販売)

小川善太郎

ページ数 33ページ

『ブログの書き方講座』では、ブログを書く上で重要なマインドや考え方について深く書かれていました。

今回の『ブログの書き方マニュアル』では、より具体的に記事を書くための方法について書かれています。

 

ブログを始めたばかりの人が真っ先にぶつかるのが『記事を書けない』という悩み。

これはネタが思いつかないというのもありますが、そもそも長文を書くことが苦手という人が多いのが原因だと思います。

 

学生時代は作文などを書く機会も多かったかもしれません。

しかし、社会人になると決まった形式の報告書を書くだけ、みたいな感じで文章を書く機会がなかなかない。

だからこそ、苦手意識が出てしまうのでしょう。

 

実際、僕自身もブログを始めた当初は、文字数で500文字書くのが精一杯でした。

400文字の作文用紙1枚ちょっとです。

それが今では数千文字の記事を書くのが当たり前になってきています。

 

なぜ長文を書けるようになったのかというと、慣れと型を知ったからです。

 

人間ずっと続けていると自然と慣れていくもので、文章にも慣れはあります。

しかし、ただ慣れただけでは、ある一定のところで成長が止まりがち。

その時に役立つのが『文章を書く型』を学ぶことなんです。

 

今回僕が読んだ『ブログの書き方マニュアル』には、文章を書く上での型を学ぶには最適な書籍だと思います。

※著者情報は前作にて紹介したので割愛します。

書籍の内容紹介

書籍ではブログ記事の構成について、以下の三章に分けて解説されています。

第一章 ブログ記事て伝えること

第二章 読者のニーズをリサーチする方法

第三章 記事構成について

 

内容を簡単に紹介すると、

第一章では、ブログでは『解決・提案型の記事』を意識すること。

『解決・提案型の記事』とは、読者の欲求を満たす(解決する)ような記事の事です。

 

第二章では、記事を書くキーワードを、実際に検索する人がどのような目的で検索しているのかを知る方法について書かれています。

具体的には、ヤフー知恵袋や教えてGooなどの悩み解決掲示板を見みる。

このようにリサーチすることで、読者がどのような情報を知りたがっているのか把握することが出来ます。

 

第三章では、記事の構成と、書く時の注意点について解説されています。

記事を書くときには、

①記事タイトル

②フック文章(導入)

③見出し

④まとめ

を考える必要があり、それぞれについて詳しく解説されています。

読後感想

本書籍は、ページ数33ページとボリュームが少ないですが、

ブログ記事を書くマニュアルとして重要な部分が網羅されています。

タイトルの通りマニュアル(型)を学ぶためだけの書籍、といったところでしょうかね。

(ちなみにこの書籍では、『アクセスを集めるための記事』に焦点を当てて解説されています。

それ以外の、例えばキャッシュポイントとなるセールス記事などの解説はなし)

 

ボリュームの少なさを考えると、普通に買ったときの値段(300円)は少し高いようにも感じます。

ただし、大したことが書かれていない有料noteを考えると、お金を出す価値はあるのではないでしょうか。(僕はkindleアンリミテッドで無料で読みましたが)

なぜかというと、ブログを続けるのが難しく、この書籍が挫折防止に役立つと思うからです。

 

ブログを続けるには2つの壁があると感じていて、

1つ目は文章執筆、2つ目は結果が出ない

という壁です。

 

特に、最初の頃は文章が書けないことで悩みがちです。

実際僕もそうでした。

書く前までは書ける気がするんですが、いざ書こうとすると全然かけない。

全然かけないから、自己嫌悪して、続けることが嫌になる。

 

それを解決するのが『型』を知り、ブログを書きまくることです。

 

あらかじめ結果が出る『型』を知っておけば、結果は自然とついてきます。

でも『型』を知らなければ、全く結果が出ないような方法を延々と繰り返す危険性もあるんです。

そうなると悲惨で、どれだけ頑張っても結果が出ない。そして諦めます。

 

【守・破・離】の守から始めるのが物事の基本ですよね。

最初から応用が出来るわけもありませんし。

まずは型を守り、その後自分のスタイルを突き詰めていく。

 

僕自身も、まだまだ守の段階だと思っていますが、

焦らず、急がば回れの精神でゆっくりと頑張っていくのが最善であるように思えます。

まとめ

ということで、『ブログの書き方マニュアル』を読んだ感想を書いてきました。

 

ブログを始めたばかりの人には、色々な挫折ポイントが待っています。

その挫折ポイントを乗り越えてきた人たちだけが、有名ブロガーとして活躍している。

 

逆に言えば、挫折せずに、ブログを書き続ける(成長し続ける)ことが出来れば、

誰にでもチャンスがあるとも言えるのではないでしょうか。

 

僕自身も日々挫折することが多いですが、何とか1年以上続いて、最近やっと月数万円稼ぐことが出来るようになってきました^^

たぶん、挫折潰し(読書)が役に立っているのだと思います。

 

これを見ているあなたも、もしブログを運営している(もしくは始めようとしている)のなら、

挫折ポイントでつまづく前にどんどん潰して、

目標を達成できるように一緒に頑張りましょう!




2 件のコメント

  • てつやさん、こんばんわ。
    そうなんやー。
    納得しまして、
    KINDLEを買おうかなと、思うようになりました。
    今まで、書籍は本として読みたい方で、KINDLE予定なかったのですが、こういう限定のものがあるのですね。

    勉強になります。

    • 参考にしていただいたようで、なによりです。
      僕も本は紙媒体のほうが好きだったりします(笑)
      kindleの利点は、スマホアプリで読めるので、いくつかのデバイスで共有できたり、ふとした瞬間にいつでも読める所です。
      最近はkindl限定の書籍も増えてきているので、もし気になるのであれば、一度Amazonのkindleアンリミテッドというサービス(初月無料)があるので、それで試してみるといいかもしれませんね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です