『伝え方が9割』書評~本当は他の人に知って欲しくない、魅力的な言葉をつくれるようになる書籍




どうも、こんにちは!

哲也です。

 

ダメだ!全然いい言葉が思い浮かばない!

そんな経験はありませんか?

 

例えばブログやSNSで自分の思いを言葉にする時に、

書く前までは、

『よしっ!いいネタが見つかったぞ!』

と思っていたのに、いざ書こうとすると

『あれっ・・・全然書けないぞ』

という風に。

 

僕は結構ありました^^;

 

ブログを書き始めたばかりのとき、

頭の中で思いついた内容を上手く言葉にすることが出来ずに、

いざ言葉にしてみると陳腐な表現になってしまったり。

 

これでかなり悔しい思いをしたんですよねー。

『あ、自分には才能がないのか、、、』

って思いこんだりして。

 

良い文章を書くこと、魅力的な言葉を紡ぎ出すこと、

こういった事って生まれ持った才能だと思っていませんか?

昔の僕と同じように。

 

でも、上手な表現を考え出すのに特別な才能なんていらないとしたら、、、

文章や言葉を魅力的にする方法、そんなものが存在するとしたら、、、

知ってみたいとは思いませんか?

 

実は、魅力的な言葉を考えるために役立つ法則があって、

その法則について詳しく書かれている書籍があるんです。

誰でも簡単に魅力的な言葉を考えられるようになる書籍の正体とは『伝え方が9割』という書籍です。

こちらの書籍は、コピーライターの佐々木圭一氏が執筆した書籍で、

『伝え方には技術があり、共通のルールがある』

『感動的なコトバは、つくることができる』

という紹介文の通り、

魅力的な言葉をつくるための技術が惜しげもなく語られています。

 

既に84万部以上売り上げているベストセラー書籍ですが、

もしもまだ読んだことが無いのなら絶対に読んだほうが良いです!

 

というのも、魅力的な言葉を作る技術は、

普段の生活の中でも役立つスキルだし、

ブログやSNSで文章を書く人ならなおさら役立つ内容となっているから。

 

本書籍の『伝え方が9割』というタイトルの通り、

伝え方次第で上手くいくことが世の中には数多く存在しますよね。

 

上司への報告、同僚との会話、または恋している相手への告白まで。

実生活の中には、相手に自分の考えを伝える機会は多い。

だからこそ、伝え方の技術を学ぶことで、自分の生活がより良くなるんです。

読後感想

さて、書籍を読んだ感想ですが、

ビジネス書とは思えないほど面白い内容で、

普通に友達とかにもお勧めしたい本でした^^

 

コピーライティングの書籍とかって、読んでいて

『ほう、なるほど。ふむふむ。』

みたいに参考になるんですが、いざ書籍を読み終わってみると

『えーっと。何が書いてあったっけ?』

と、あまり記憶に残らないことが多々、、、(笑)

 

だけど、この書籍の場合非常にシンプルで、

『ノーをイエスに変える技術』『強いコトバをつくる5つの技術』

という2つの点について集中して解説されていて、

だからこそ内容が頭に残りやすいし、

すぐに実践できる内容でもあるんですよね。

 

2つの点についてのみ深堀されているわけなんですが、

この2点が非常に確信をついているというか。

 

『人にお願いを聞いてもらう』

『人に興味を持ってもらう』

っていうことは、絶対に必要不可欠なことじゃないですか。

 

それで、その内容を小難しく書くんじゃなくて、

小学生でも理解できるくらい簡単に説明してしまうという、、、

流石、プロのコピーライターの方は凄いなって感動しました。

書籍内容の紹介

簡単に書籍の内容を紹介していくと、

『ノーをイエスに変える技術』

では自分のお願いを実現させるテクニックについて解説されています。

 

例えば、異性をデートに誘いたいときに、自分だったらどんな言葉でお誘いしますか?

 

自分の考えとしては、お誘いする異性と『デートをしたい!』わけじゃないですか。

それで、思ったことをそのまんま言葉にして『デートをしましょう』とお誘いしたとしたら、、、

相手の方が自分に好意を持っていない場合は、デートのお誘いは失敗する可能性が高いですよね。

だって、好意を感じてない異性とデートに行く人は少数派なわけですから。

 

自分の気持ちを正直に言葉にしてデートのお誘いが失敗しそうなら、どうすればいいのか?

この時に相手の頭の中を想像します。

想像してみると相手の異性は『興味のない人とデートしたくない』と思っている。

これでは普通に誘っても成功しなさそうです。

 

普通に誘っても成功しないのだから、相手の異性がメリットを感じることを考えてみます。

相手の異性は、話題のお店に行くことが好きで、イタリアン好き。

もしそういった情報があるのなら、後は簡単です。

 

相手のメリットと自分のメリットが一致するお願いをするんです。

相手がメリットを感じるのは『話題のイタリアンのお店でご飯を食べたい』で、

自分のメリットは『一緒にご飯を食べたい(デートがしたい)』ですよね。

 

だとしたら、相手の異性に自分の言葉を正直に発言するのではなくて、

『一緒に美味しいと話題のイタリアンのお店に行きませんか?』

と発言したほうが、デートへのお誘いが成功する可能性が高い。

 

この

①自分の考えをそのまま言葉にしない

②相手の頭の中を想像する

③相手のメリットと一致するお願いをつくる

という手順を踏むことで、相手の『ノー』を『イエス』に変えることが出来るんです。

 

 

もう一つの技術『強いコトバをつくる5つの技術』では、

魅力的な、相手から興味を持たれるような言葉を作る法則について解説されています。

 

5つの技術とは、

①サプライズ法

②ギャップ法

③赤裸々法

④リピート法

⑤クライマックス法

という5つの法則があり、

これらの法則を意識して言葉をつくるだけで、

すぐに魅力的な言葉を作り出すことが出来るんです。

 

実はこの記事のタイトルには、⑤クライマックス法を使ってみました^^

これらの詳しい法則については、ぜひ書籍を読んで確認してみてくださいね。

まとめ

ということで、『伝え方が9割』を読んだ感想について書いてきました。

 

魅力的な言葉を紡げる人は、

それだけで人生が良い方向に向かっていきやすいと思うんですよね。

 

コミュ力があるのと、ないの。

絶対コミュ力あったほうが生きやすいじゃないですか。

 

実生活でも、もちろんビジネスでも役に立つ伝え方の技術。

この機会に学んでみてはいかがでしょうか?

きっと、人生が変わるきっかけになりますよ^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です