『東大読書』書評~学校では教えてくれない、本当に身につく読書術を知りたくありませんか?




どうも、こんにちは!

哲也です。

 

本を読んでも、すぐに内容を忘れてしまう!

そんな経験はありませんか?

 

僕は読書をし始めたころ、『読んだ本の内容を忘れてしまう』ことに悩んでいました。

だって、内容を忘れてしまうのであれば、どれだけ本を読んでも意味がないじゃないか。

そう思ったからです。

 

でも、本を読んでも意味がないのかというと、そんなわけはありませんよね。

本当に意味がないのであれば、本なんて世の中に存在しないわけですから。

 

じゃあ、本は頭が良い人だけにしか意味がないのかというと、そういうわけでもなく。

本を読むのにも『読み方』というものが存在する。

その『読み方』を知らないので、せっかくの読書が全然身につかなかったりするわけです。

 

学校などで「本を読みなさい」と言われるけど、読書の方法を教えてはくれませんよね。

それで、身につく読書方法について自分で調べてみて、色々な方の意見を聞いて、やっとの思いで”身につく読書”の方法を知ることが出来ました。

 

僕の場合、読書法を学ぶために結構な時間をかけたんですが、、、

身につく読書法について網羅されている読書術の書籍が出版されました。

それが今回僕が読んだ『読む力と地頭力がいっきに身につく東大読書』です。

著者情報

著者の西岡壱誠氏は、現在東京大学の3年の大学生です。

高校生の頃、偏差値35の状況から東京大学に入学することを決意し、2浪するなどの苦労の末、無事合格。

現在は、家庭教師としても活躍するほか、ドラゴン桜2への情報提供を行う『ドラゴン桜2 東大生プロジェクトチーム東龍門』のプロジェクトリーダーを務めている。

著書に、『現役東大生が教えるゲーム式暗記術』『読むだけで点数が上がる!東大生が教えるずるいテスト術』『現役東大生が教える東大のへんな問題 解き方のコツ』があります。

読後感想

読書習慣を始めるなら、この書籍を読んでから始めたほうがいい。

そう思える書籍でした。

どんな事にも言えると思うんですが、上手い方法を知ってから始める方が上達が早いじゃないですか。

例えば筋トレをするにしても、ただガムシャラに頑張るよりも、効率的に筋肉が鍛えられる方法を知って、その方法を実践したほうが効果が出る。

 

これって読書でも同じだと思います。

ただ闇雲に読書をしても、その内容を忘れてしまうことがほとんど。

読書で得た知識を血肉にするためには、正しい読書方法、本当に身につく読書方法を学ぶ必要がある。

 

そして『東大読書』では、いくつもの読書をするコツ、方法について解説されています。

『東大読書』の中で解説されているエッセンスの中で、特に僕も重要だと感じたのが以下の3点。

『東大読書』で特に重要と感じた3つのポイント

①本を読むうえで一番気を付けるのは『分かった気になる』こと

②『本当にそうなのか?』と疑問を持ちながら読み進める

③アウトプットが重要

①については、読書が身につかない最大の原因だと考えています。

この『分かった気になる』というのは、読書以外の勉強や仕事でも同じことが言えますよね。

ただ満足感だけを覚えて、何も成長できていない。

それってかなり虚しいし、何よりせっかくの読書がもったいないと思います。

 

書籍の中で言われていたことですが、本の内容や章の内容を『結局それってどういう事?』という問いに一言で答えられなければ分かっていないということ。

要約するというのはなかなか難しくて、僕も結構苦手でした。

なぜかというと、一言で答える(要約する)というのは、本の内容を自分なりに解釈する必要があって、内容を理解していないと出来ないからです。

だからこそ、本を読んでいる時に『それってどういう事?』という問いに答えられるくらい理解することで”分かった気になる”というのを防止できるのではないでしょうか。

 

②は、本に書いてあることは全てが正しいというわけではないということです。

僕がは本を読みまくるようになってから気づいたんですが、意外と『これっておかしくない?』と思うことってたくさん出てきます。

本を書いてあるのは一個人で、その人が絶対的に正しいとは言えませんよね。

 

でも、読書をしているとついつい忘れてしまうことでもあるんです。

だからこそ、本で書かれている内容に対して『本当にそうなのか?』と問いかけながら読み進めることで、自分で考えるようになる。

それが考える力になるし、より本を読んで知識が身につくことにもなります。

 

③は、僕が読書法を探っていた時に、多くの経営者やビジネスマンの方が言っていたことです。

インプットだけをしているのではなく、どんな形でもいいからアウトプットをしないと、インプットの意味がないと。

なぜなら、アウトプットするためには、インプットしたものをちゃんと理解している必要があるからです。

 

僕がこの書評ブログを始めようと思ったのは、読書をした内容をアウトプットするためです。

それで、いざ本を読み終わって記事を書こうとすると『あれ・・・全然かけないぞ』と焦ってしまいました(*_*;

数時間かけて読み終わった書籍の内容が、ぜんぜん出てこなかったんです。

 

これが当時かなりショックだったんですが、そのおかげで『自分は本の内容を理解できていなかった』というのが理解できました。

アウトプットをする前提で本を読むと、インプットの質が高まる。

なぜならちゃんとインプット出来ていないとアウトプット出来ないから、脳がインプットしようとするからです。

 

①②③のポイント以外にも、書籍の中では多くのコツが解説されています。

『パラレル読み』『クロス読み』などは(僕にとっては)目新しい読み方で、ぜひ実践したいと思った読み方です。

(パラレル読みは2冊同時に本を読むこと、クロス読みは複数の書籍の論点が交わるポイントを比較する読み方)

まとめ

ということで『東大読書』を読んだ感想を書いてきました。

読書術の書籍はいくつか読んでいますが、この書籍が一番共感できる書籍でした。

読書術なんて学校では教えてくれないことなので、もしまだ読んだことが無いのであれば、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

読書をするなら、少しでも自分のためになる方がいいですからね。

 

PS.

書籍を読んでて『えっ、ここはどうなの?』と疑問を感じた個所がいくつかあったんですが、

読み進めていくとその個所について言及されていて感心しました。

 

というのも、著者が書籍内で

『本を読み進めていくうちに、本を読んで質問をしたくなったことへの答えが書いてある』

というようなことを書いており、まさにその通りになったので。

 

意図してこのような構成にしているように思えて『凄い!』と感じた次第です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です