自信無い人必見の読むだけで自信がつく書籍3選を紹介!

哲也
どーも、こんにちは!読書コンサルタントの哲也です。

この記事は、読書コンサルタントである僕が、読者の悩みの原因を解明し、それを解決するための書籍を紹介する、お悩み解決コーナーです。

今回のお悩み相談はこちら⇩

『自分に自信が持てるようになるにはどうしたらいいんだろう?』

あー、これに悩んでいる人、確かに多いですよね。

特に日本人は、自信がある人よりも自信がない人のほうが多いイメージです。

 

自信が無いと『何をやってもダメなんじゃないか』とか『どうせ自分なんて』と自分を卑下してしまいがち。

でも、自信をつけることは、そんなに難しくは無いんですよ。

 

実は、僕も同じように自信が無いと思っていた頃がありました。

起業しようと思って飛び出し、当初は『頑張れば成功するでしょ!』みたいな感じでお気楽でした。

しかし、勉強を重ねていくうちに、ビジネスの難しさを実感するようになり心が折れかけていたんですよね。

 

『自分なんかには無理なんじゃ・・・』

 

そう思い悩んでいたことがあるので、自信が無いことの辛さがよくわかります。

でも、そんな僕でも、今ではポジティブに考えることが出来るようになりました。

 

今回の記事では、『自分に自信が無い』『もっと自信をつけたい』という人のために、

読むだけで自信をつけられる書籍3選をご紹介したいと思います。

 

でもその前に、なぜ自分に自信が無いのか少しだけ考えてみましょう。

そうすることで、自分に必要な書籍がどれなのか、より分かりやすくなるはずですよ^^

自分に自信が持てない3つの原因

さて、なぜあなたは自分に自身が持てないのでしょうか?

それには大きく分けて3つの理由があると考えられます。

自信が持てない3つの理由
①やる前から無理だと考えてしまう

②劣等感を抱えていて人よりも劣っていると考えてしまう

③モチベーションが落ちて努力が続かない

①やる前から無理だと考えてしまう

おそらく一番多いパターンだと思うんですが、やる前から諦めてしまうクセ、ありませんか?

自分には無理だと考えてしまって、『それならやらなくても同じ』と、そう思ってしまうのではないでしょうか。

この場合、自信をつけるのが難しい

 

なぜかというと、結局、自信は何かを達成したり、行動した結果、身につくものだからです。

行動する前から諦めてしまっている状態だと、自信はつきにくい。自信がつかないからこそ行動が出来ない。

その悪循環になってしまっている可能性が高いです。

②劣等感を抱えていて人よりも劣っていると考えてしまう

『自分は他の人と比べてなんてレベルが低いんだろう・・・』

そういう風に、劣等感を感じてしまうこと、ありませんか?

だから、自分がやった事に自信が持てずに苦しい思いをしている。

 

劣等感を感じる必要なんてない、と人は簡単に言いますが、それが難しいから困っているんですよね。

この劣等感が中々に厄介な敵で、自分の意志だけで消そうと思っても、なかなか消えません。

どれだけ成功したとしても、劣等感から解放されない人って、意外と多いんです。

③モチベーションが落ちて努力が続かない

何かを始めたとしても、すぐにモチベーションが落ちて続かない。

何かをやめるたびに『自分は本当にダメだな』と落ち込んでしまう。

そんな経験はありませんか?

 

モチベーションを維持するのは難しく、管理しようと思って管理できるものではないと思いますよね。

だから、自分は三日坊主で終わってしまう、ダメな奴だと卑下してします。

始める、やめるを繰り返せば繰り返すほど、自分自身を傷つけてしまうんです。

読むだけで自信をつけられる書籍3選

どうですか?

自分が自信を持てないと感じる原因が分かったでしょうか。

原因が分かったところで、自分の当てはまる原因を克服することが出来る書籍を判断していきましょう。

【原因①やる前から諦めてしまう】の人におススメの書籍

こちらの書籍は、中卒でヤンキーだった著者が、父親の影響から20代前半でもう勉強して、UCバークレー(アメリカの超有名大学)に合格した自伝小説です。

人は何歳からでも、なりたい自分になれると気付かせてくれる書籍ですね。

この本を読むと非常に勇気がもらえて、特に『やる前から諦めてしまう』人にはお勧めなんです。

 

『自分には出来ない』という思い込みこそが、何もできなくしているのだ。

そんな風に語り掛けてくる著者の情熱が伝わってきます。

本当に読むだけでも意識が変わるので、ぜひ読んでみてくださいね。

【バカヤンキーでも死ぬ気でやれば世界の名門大学で戦える】書評~人は自分の思うものになれるんだ!

2017.05.29

【原因②劣等感を抱えている】人にお勧めの書籍

こちらは、劣等感を抱えている人に読んでもらいたい本です。

劣等感って、意外と親からの影響が強いらしい。

親が劣等感を抱えていると、子供にまでそれが移ってしまうのだと。それがずーっと連鎖していく。

 

でも、悲しい連鎖を止める術はあり、それを本の中で教えてくれます。

劣等感に苦しんでいる人。自分を尊重してあげられない人。

そんな人が読めば、きっと涙が止まらないくらい感動して、自分の支えになってくれる書籍だと思います。

【地球が天国になる話】書評~心が病んでいるときに読んでほしい本

2017.06.07

【原因③モチベーションが続かない】人にお勧めの書籍

モチベーションが続かないんだという人には、こちらの書籍がお勧めです。

この書籍は、三日坊主が多い人には、少し耳に痛い書籍かもしれません。

僕自身も、モチベが続かない人だったので、超耳が痛かったです(笑)

 

でも、どうしてもモチベーションが続かない、自分を変えたい。そう思う人なら、読めば絶対に役に立つ書籍でもあるんです。

著者からの厳しくも優しい言葉を聞いていくうちに、みるみるやる気が起きてきます。

自分を変えたい人は、ぜひ手に取ってみてはどうでしょうか。

【100%】書評~あなた今、目の前のことに100%全力で取り組んでいるか?

2017.06.27

まとめ

ということで、自分に自信が持てない人の原因と、その原因を解決してくれる書籍を紹介してきました。

どれも僕自身が読んだもので、実際に自信を持てるようになったきっかけになった書籍です。

 

自分に自信が無い人生って、ちょっと生きるのが大変です。

自信過剰な人になってはいけないと思いますが、極端に謙虚である必要はないのかなと。

 

どうせ生きるのなら、生きやすく過ごしたいじゃないですか。

だからこそ、今回ご紹介した書籍を読んでみて、ぜひ自信をつけてみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です